チョーク病(蜜蜂の病気) | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂の病気も色々発生するが、チョーク病のことを報告、幸いにも我が愛蜂には発生の記録は無いですよ、

1、病原体は
カビの一種(Ascosphaera apis)で、湿度の高い時期に多く発生します、春から夏にかけて巣箱の中や巣門付近がじめじめしている状態が発生の好条件となる、
この病気に最も感染しやすいのは、孵化後4日目の幼虫で,感染後4~5日で特有の症状が現れます。

2、チョーク病の特有の症状は、
無蓋蜂児がチョーク(白墨)のような症状を呈して死ぬことです、
この病原体に犯されると蜂児は白いミイラ状になり,症状が進めば暗褐色から黒色に変化します、
ミイラ化した蜂児は簡単に巣房から取り出すことが出来、アメリカ腐祖病の死蛆のように、房壁に固着することはありません。


3、発生の誘引と時期
直接的には病原体を含んだ不潔な飼料を蜂群に与えることによって発病しますが、必ずしもそれだけでなく、カビが巣脾に附着している場合、
このカビの繁殖に適した条件になると、急激に繁殖します、
繁殖に適した条件とは、湿気と低温ですが、そのため,この病気が多発する時期は早春から初夏です、丁度、建勢期と流蜜期と当たるので、採蜜成績に大きく影響します。

4、予防法
死蛆を働き蜂が、取り出して捨てるので、軽度の症状ならば、自然に治癒します、また、重症群でもチョーク病で全滅することは少ないです、
カビが病原体であるので,巣箱を乾燥した場所に置き、巣内を清潔に保つことが最上の予防法です。


5、治療法
薬剤としては、成蜂や蜂児に無害で・貯蜜を汚染せず・これで病原体を殺すのが.最低条件ですが、この条件を全て満たす薬剤は無いようです、
実験の結果では、逆性石鹸がかなりの治療効果を上げているそうです、
使用されたのは、パコマLの800倍溶液で、蜂を払い落とした巣脾にスプレーします、蜂には害がありません、この噴霧を受けた蜂群は、その後、ミイラ蜂児の発生が無くなり、働き蜂が死蛆を取り出して捨てるので、1週間程度でミイラ蜂児は見られなくなります。
(近代養蜂<渡辺寛/孝著>)より引用あり、

ランキング、参加中・・、応援!('-'*)ヨロシク♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
訪問ありがとうございました。
遊びに来ました。
暑かったり涼しかったり…
大雨も続いてますが蜂さんは大丈夫ですか?
応援していきます。
ポちっと。
2006/07/20(木) 14:06 | URL | piyo #-[ 編集]
訪問、足跡有難う、見てくれましたか?興味ある項目はあったでしょうか・・・?
そう、蜜蜂も雨は苦手ですよ、
またの、訪問を待っています、
2006/07/20(木) 20:21 | URL | bee83 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/69-620794a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。