給餌の注意 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨期から酷暑の夏にかけては、蜜源の涸渇期になります。

貯蜜が全く無くなってから給餌を行うのは、下手なやり方です。
まだ貯蜜があるうちに先手々と、手遅れにならないように給餌をするのが、蜜蜂にとっても好ましく、また給餌量も少なくてすみます。

給餌の材料は砂糖が一番無難です。
ザラメ糖が好ましいが、上白糖でも良いです。
しかし、蜜蜂にとっては、巣房まで運んでから処置をしなければ成らないので、体力的にも相当負担がかかります。
また、給餌器内で溺れて犠牲になる蜂も現れます。

給餌を行う時期は、普通は外に花が咲いていない蜜源の涸渇期だから、蜜蜂は甘味の匂いに敏感になっています。
複数の群れを飼育している場合は、盗蜜防止に留意する必要がある。

注意事項

★強群から先に給餌して、順番に弱い群れの巣箱に行います。
★夕刻から始めて、夜間に蜂に吸収させるようにします。
★巣箱外へ匂いの発散を極力抑える。
★餌を地上に溢した時は、必ず水で流し匂いを消すか、土などを覆い盗蜜の誘発を防止する。

給餌器は框型給餌器(木製が好ましい)で行うのが一般的ですが、巣門から行う方法もあります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/547-d19ce51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。