冬の巣箱 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本蜜蜂は、比較的寒さに強いので、西洋蜜蜂の管理程神経質になる必要はないが、巣箱の周囲に防寒処置を施すのが好ましい。

勿論、巣門は狭くします。気温が低くなると日本蜜蜂は巣房の下部で蜂球を作り、お互いに体を寄せ合い保温に努めます。


蜜が空になった空巣は噛み捨てるので、巣箱の底に巣屑が溜まるようになります。
この時期は、スムシの心配がないので、急いで掃除する必要はない。

尚、巣箱の重さを確認しておれば、重量の変化である程度巣箱中の状態が解るようになる(貯蜜等)

また、暖かい日等には、脱糞飛行に飛び出す姿が見られます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/543-0ae0b67c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。