瓢箪の収穫 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新です。
毎年の事ですが、今年もまた瓢箪を収穫しました。
完熟していない物もあるようだが、蔓が枯れ始めたので全て採りました。
しかし、土作りが充分でなかったので作柄は今一です。

これが採取した瓢箪です、鶴首瓢箪が多い。
瓢箪の収穫

早速、中身抜きの準備、・・・穴開けです。
これには電気ドリルを使います。穴の径は瓢箪の太さに合わせた寸法にします。
あまり小さいと種出しに苦労します。
瓢箪穴開け

穴を開けた瓢箪を水に漬けます、中身を腐らせることで中の柔組織と種を取り出す、腐ると上下に振ると簡単にドドドロ状で出すことが出来ます。
この時、問題が生じます、腐った瓢箪から発生する悪臭があることです。
田舎ならば問題がないが、住宅地では匂いの拡散防止に配慮が必要となる。期間は温度によって違うが1~3週間程度。

また、短期間で中身を溶かす事が出来る製品も販売されています。悪臭がほとんど出ないので風呂場などでも作業が可能です。

尚、大きな瓢箪等で水に漬けることが出来ない場合は、穴を開けて暖かい場所に置き、中身を腐らせて出してから、水に漬けます。
また、穴を開けずに蔓を付けたまま腐らして取り出す方法もあります。
水浸け(中身抜き)

水に漬けると、瓢箪が浮いてくるので錘が必要です。右が錘で沈めた状態です。
中身が完全に抜けた後、清水に付けて灰汁だしを行い・・・乾燥・・・加工・・の順になります。

☆・・詳しくは・・これで↓

ひょうたん・へちま―栽培から加工までひょうたん・へちま―栽培から加工まで
(2000/03)
森 義夫

商品詳細を見る


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/513-ab237197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。