群れ毎の個性 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西洋蜜蜂は、内検時に巣脾を引き上げようとすれば、必ず燻煙を必要とするが、日本ミツバチは一般的に攻撃性が小さいので、何もせず巣箱を開けてもまず刺されない。

髪の毛にまれに体当たりしてくる蜂もいるが、刺すことは少ない、絶対刺さないというわけではないので注意は必要です。蜂の体を圧迫すると必ず刺すので注意・・!
西洋蜜蜂と同様に、雨や曇りの天気が悪い日や気温が低いと怒る傾向があるので油断しない様にしましょう。

日本ミツバチは、神経質で内検中等僅かな振動で逃げまどうので、扱いにくい面もある。
内検は、出来るだけ手際よくし短時間で済むように心掛けることが大切です。


また、飼育すれば解りますが、蜂群れによっておとなしい群れや、一年中攻撃的な群れもあります。
しかし、内検時に大騒ぎする群れでも、飼育者の匂いに慣れてくるのか、しばらくの期間扱っていると少しはおとなしくなる傾向はあるようです。(群によって性質に違いある)
内検時、年間を通じて攻撃的な群れや逃げまどって大騒ぎする群れは、おとなしい群れの王台を利用して王蜂の更新を行うと好いでしょう。

尚、日本ミツバチは煙を嫌うので、燻煙は西洋蜜蜂に行うように蜂群れに向かって行うのは邪道です。逃げ惑う蜂に煙を吹きかけても意味はありません。
日本ミツバチの養蜂では、人に纏わりつく蜂だけに煙を使用します。

★・・・詳しいことは、この本で・・・☆

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/511-59479bc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。