巣門給餌 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西洋蜜蜂の給餌方法として、手軽な巣門から給餌出来る器具があります。
しかし、この方法は蓋を開けて巣箱の中を確認せずに行うので、
巣内の状態が判断できな場合は、お勧めしません。


これが給餌器です、

今回は、ザラメ糖を溶かしました、(上白糖でもOKだが、少し価格が高いがザラメ糖が好ましい)
砂糖液が0.9ℓ入ります、これに蓋(底になる)をして、巣門に差し込みます。
この時、巣門には蜜蜂がいるので、ゆっくり差し入れ蜜蜂を傷つけないように注意。
 給餌液


巣箱に設置した状態です。少し巣箱側に傾けると好い。水平だと砂糖液の出が悪くなる場合があるので留意が必要です。
 巣門給餌


余談ですが、
昨夜は、気温が高いにも関らず、前記事の写真の状況から群がる蜜蜂の数が半減した状態となった。
この暑い時期ですが、分蜂の可能性もある。継箱を乗せずに蜂を密集させていたのも、原因の一つでしょう。仕事から帰って周辺を捜(夜間に)したが、蜂球は見つからない・・・・!

教訓・・・『何事も油断はいけない』


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/507-3cd315fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。