蜂群崩壊症候群(CCD) | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂が突然居なくなる現象は、アメリカでは3年前から起きています。
これが、現在では世界各地で発生しています。


これに関する記事が、6月8日の毎日新聞で記事にしていました。
ローワン・ジェイコブセン氏が来日した時の、インタビュー内容のようです。

以下、この記事から抜粋です。
CCDの現状は、米国では06年の秋から07年にかけて、ミツバチの30%、更に翌年の08年も30%減少した。
ドイツなど50%を超える国もある。また豪州ではノゼマ病で被害が生じ、世界各国に飛び火している。

この原因は何か・・?

複数の原因が重なって起きている考えられている。ヘギイダニの寄生、農薬、ノゼマ病、ウイルスの他、働き過ぎや栄養不足が指摘されている。
(この記事では触れていないが、電磁波の影響があるという説もあります)
アメリカは、広い農場なのでアーモンド等一種類の植物から花粉や花蜜を集めるような環境で飼育されていることが多い。本来の蜜蜂は複数の植物から蜜や花粉を集めるが、大量に同じ農作物の受粉を強いられ、ストレスが溜まって体を弱らせて抵抗力が低下している。

また、自然の餌の代わりに砂糖水が与えられ、栄養不足に陥っている。多様な花粉を与えるなど飼育方法を見直した結果、今年の減少率は25%に改善された。

農薬では、特にミツバチの神経伝達物質を狂わせるネオニコチノイド系が疑われている。これはドイツやイタリア等最近使用禁止されたので、改善するかもしれない。

日本でも蜜蜂不足が起きています。日本もCCDを経験しつつあると言える現状です。
蜜蜂に多くの種類の花粉を与え、出来る限り免疫力を高めて欲しい。
働かせ過ぎず、出来る限り農薬から遠ざける、またダニの発生を抑えることも必要だ、しかし、ダニは大半の薬に耐性を持っているので、減らすのは大変なことです。

蜂群崩壊症候群(CCD)は今後も続く・・・?

農薬に頼るシステムを変えない限り、根本的に解決しない!
自然界の多様な昆虫から様々な恩恵を受けいます。この問題を解決すことは、崩れた自然システムを取り戻すことです。
健全な環境が様々な要素から構築されていることに気付いてほしい・・・!

☆・・・上記の記事インタビューを受けたローワン・ジェイコブセン氏の著書です。
もっと詳しことが解ります。

ハチはなぜ大量死したのかハチはなぜ大量死したのか
(2009/01/27)
ローワン・ジェイコブセン

商品詳細を見る


悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」―ミツバチが消えた「沈黙の夏」悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」―ミツバチが消えた「沈黙の夏」
(2008/05)
船瀬 俊介

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
欧州議会TV:「電磁波問題は最優先課題」
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/

だそうです。
フランスはネオニコチノイドはすでに禁止、今度は電磁波対策強化
2009/06/15(月) 18:58 | URL | とおりすがり #FFeI7iKU[ 編集]
この農薬は、早晩日本でも禁止されるでしょう。
害が解っているので、養蜂家は気が気でない。
電磁波の問題も、不明のことが多いけど、何らかの影響を与えている可能性は否定できませんね。
2009/06/15(月) 22:34 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/498-dd812c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。