逃去予防対策、 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ミツバチでは短所と言われている逃去は、よく起る現象ですが、西洋蜜蜂は余程のことがない限り簡単に、逃去することはありませんが、逃去する場合もあります。

この予防対策とし次の3条件を充たしておけば、まず発生しません。

1、群れを強群れで維持する。

2、貯蜜を充分に持たせる。

3、巣箱を日陰の涼しい場所に置く。



上記の条件を満たしていない蜂群れに、逃去の前兆が現れたら如何するか・・・?

a)蛆の多い蜂児枠貯蜜枠を与えるか、給餌をする。

b)蜂王の羽を切っておくか、または自動分蜂器(雄蜂駆殺器)を巣門に設置する。

c)葦等で日陰を設け、巣箱を直射日光から守って、涼しくする。

以上ですが、蜜切れ状態の蜂群れにいきなり給餌すると、かえって勢いづいて逃去することが少なくない。
この場合は、無蓋蜂児の巣脾を与えて逃去予防の対策実施してから給餌します。
注意すべきは、給餌(砂糖液の濃さ)の濃度に留意することです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/497-51074dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。