金綾辺(きんりょうへん) | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金綾辺は日本ミツバチが興味を示して、集まる不思議な花です。
中国南部が原産の東洋ランの一種です。葉の姿は小型のシンピジュウムと似ています。

花だけでなく葉柄も楽しむことが出来る育てやすい蘭です。
しかし、一般の花屋の店頭で見かけることは、殆ど無いようですね!

東洋ランの性質(基本)

1、直射日光は好まないが、柔らかい朝日は好いです。
2、寒さに比較的強い。
3、過肥及び濃肥料は禁止します。
4、風通しのよう環境を好み、蒸れる場所は不適当。
5、水は充分にやり、乾かして育てる。


金綾辺またの名を日本ミツバチ誘引花、日本ミツバチは集まるが不思議なことに西洋蜜蜂は興味が無いようです。
また、人間もこの花の匂いは感じることが出来ません、日本ミツバチの女王蜂が発するフェロモンと同じような物質が発散されているのかもしれない?

これが、今日日本ミツバチの分蜂群が集まった状態です、これならば収容し易い!
  菌綾辺に群がった分蜂群

金綾辺の置場(一部寒蘭の鉢もあります)です、中央部付近の鉢に集結している。
  金綾辺

1回目の収容・・・網に入れている蜜蜂の中に蜂王を取り込んでいるならば、残った蜂もこの網に集まります。
 収容した蜜蜂

収容後に、再度花に群がった蜜蜂です。花に集まっていたことがよく解るでしょう。
  残った蜜蜂


☆・・・参考になる本の内容です。・・・★
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
ハチはなぜ大量死したのかハチはなぜ大量死したのか
(2009/01/27)
ローワン・ジェイコブセン

商品詳細を見る
悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」―ミツバチが消えた「沈黙の夏」悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」―ミツバチが消えた「沈黙の夏」
(2008/05)
船瀬 俊介

商品詳細を見る

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こちらではアカシアが満開です。

最近ミツバチの盗難が頻繁におきているようですね。
世知辛い世の中です・・・
2009/05/11(月) 15:09 | URL | 上州羽物クラブ #-[ 編集]
盗難は、以前からあったようだけど、最近は特に増加しているようです。
ある程度、蜂の知識がある人の仕業でしょう。
2009/05/12(火) 21:11 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
以前からビーさんの記事は、拝見させてもらっています。私も四万十川中流域で、昨年から日本ミツバチを飼いはじめた初心者です。一度、訪問させてもらいたいですが。
2009/07/14(火) 10:44 | URL | しばてん #-[ 編集]
日本蜜蜂を飼育されているそうですね、また同郷のようですね。
訪問、歓迎しますよ、
突然来られても留守だと申し訳ないので、事前に連絡をしてもらえるありがたいのですが。
このページのメール欄から、連絡して頂ければ、私の携帯電話の番号をお知らせ致します。
今後も、よろしく!
2009/07/14(火) 12:55 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/493-e6223015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。