日本蜜蜂の捕獲 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本蜜蜂群を捕獲する方法として、分蜂群を収容する方法と、待箱として空巣箱を設置してこれに入るのを待って、捕獲する方法がある。
但し、全く蜂が居ない場所では効果が望めない。

日本ミツバチは、分蜂が始まる数日前から偵察蜂が飛んで行き、栄巣に適した住処を探しています。好い住処(巣箱)を見つけると、それぞれの蜂がダンスで仲間に知らせます。これを繰り返すうちに最適場所の候補地が残ってきます。
この後、分蜂が始まるり元巣の近くの太い木の枝などに蜂球を作り、一旦ここに留まります(休憩状態)

そして、最終候補地選定の話し合いが、ワイワイ、ガヤガヤと行われる?本当かな~~?
民主的な多数決で一か所に絞り、蜂群れ(蜂球)全体が群がって飛んでいきます。

そうです、この習性を利用して、偵察蜂が気に入るような空巣箱を置くのです。
もちろん、単なる空箱では効果は薄いでしょう。巣箱の中に蜜蝋を軽く塗ります。一時的ならば、蜂蜜や黒砂糖液を塗ってもいいのですが、蟻が入り逆効果となる場合があるので留意しましょう。

また、飼育していて空になった巣箱があれば、軽く清掃して待箱とするのも好い方法です。
日本ミツバチの誘因花(金綾辺)が咲いていれば、これを傍に置くと効果は格段に高くなります。

尚、偵察蜂が好んで飛来する場所に空巣箱を設置することが、重要になってきます。

飛来する確率が高い場所、

1)強風が吹き付けない場所、
2)直射日光が強く当たらない場所(適度な日陰)
3)傾斜面で目印となる大きな木等がある場所、
4)巣箱の前が拓けて、栄巣に適した場所,
5)近くを人が通る等刺激を受けない場所、
6)その他

一般的に分蜂の時期は、桜の花が散り若葉が芽吹く頃から始まります。

★・・・上記のような事も、この本で↓・・更に詳しいことが解ります。

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
ニホンミツバチの飼育法と生態ニホンミツバチの飼育法と生態
(2000/01)
吉田 忠晴

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/10(日) 20:33 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/490-7629cb33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。