蜜蜂の健勢 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西洋蜜蜂の群れを仕入れて17日・・・!
特に問題もなく推移しています。
これは、到着して1週間後の巣箱の中です。決して蜜蜂の数が多いとは言えない状態です。
この季節、本来ならば、3倍は欲しい状況ですが、今年は非常事態、何とか一人前の群れにしなければならない。
尚、巣枠の間にある三角コマは、撮影後取り除いて巣脾枠間隔を狭くした。
巣箱の中

この写真は、前記の写真から、一週間後の巣箱前の状態です。
時騒ぎ・・・(2時頃この状態が生じることが多いので、時騒ぎと呼ばれています)
生まれて、1週間前後になると、初めて巣箱から飛び出して、短時間の飛行を行います。
この現象は、自分の巣の位置を覚える記憶飛行です。
但し、若い蜂ばかりの蜂群れでは3~4日の蜂が時騒ぎをすることがあります。

分蜂時と違って、頭を巣箱に向かってホバリング飛行していることが解るでしょう。
慣れると、時騒ぎと分蜂の前ブレとの違いは、一目で判断できるようになります。
時騒ぎ

☆蜜蜂飼育の勉強は、この本だけでも可能です・・・!
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/487-069a9030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。