蜜蜂不足の原因 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年も、種蜂(西洋蜜蜂)が不足していたが、今年は昨年以上に蜜蜂が不足のようです。
日本の不足は、昨年の夏の猛暑でダニが大量発生したのが主原因といわれています。
蜜蜂の不足は、日本だけでなくアメリカやヨーロッパ等世界的にな問題となっています。

数年前に、アメリカ等で突然大量に消滅して大問題になった状況と、日本の蜂不足は同じ原因ではないと思われる、
しかし、今春の種蜂価格は、異常と思われる程の値上がりです。
製品となる、国内産の蜂蜜の高騰は避けられないでしょう。簡単に購入出来ない事態も予想されます。

もちろんポリネーション用(花粉交配)の蜜蜂不足も深刻です、ビニールハウスで栽培しているイチゴ等は、特に影響が大きいでしょう、交配は蜜蜂の働きによって成り立っているのです。
他の作物も同様に、蜜蜂が受粉の手助けをしている物は多数あります。
農業にも大きな影響を与える偉大な蜜蜂です。

西洋蜜蜂不足の原因

1、環境の変化・異常気象等が原因で、ミツバチの大量死。

2、寄生ダニにの大発生による被害及び病気の発生。

3、農薬(ネオニコチノイド等)による蜜蜂の死。

4、養蜂家の減少(高齢化等で生産量の減少)

5、女王蜂の輸入禁止。

6、外敵(害敵)の増加。

7、電磁波等の影響(携帯電話等の電波の影響があるという説もあります)

8、その他、(原因不明の何か?)


☆・・・大切な蜜蜂の飼育の知識は、これで・・↓☆
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰してました。
やっぱりそうなんですか?
ぼくに蜂を譲ってくださった方も今年は少ないといっていました。
ちなみにうちのは3群とも産卵(もうさなぎになっているのもいる)確認できうじゃうじゃいます。あれほどあった貯蜜もほとんどなくなっていました。
2009/02/18(水) 16:05 | URL | kei #-[ 編集]
私も、昨年の夏に管理を怠った結果、全国的な被害と同じような影響を受けたのかもしれない。
例年ならば、何もせずに越夏出来た群れの状態で・・・消滅となった。
3群健在・・増強になるように努めてください。
育児が盛んになると貯蜜の消費量が多くなるので、注意しましょう!
2009/02/18(水) 18:31 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/479-6a1e6115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。