日本蜜蜂用巣箱完成 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年初めから製作していた、日本蜜蜂用の巣箱がやっと完成しました。
昼間の休日が無いので、残業して帰宅後、夜の作業でした。
薄明かりで仕上げたので、細部を手直しが必要なため、95%の完成だ。
バーナーで焼仕上げです。(腐食防止と臭い消しの効果が望めます)

 巣箱仕上がり

2009、1月9日の記事で掲載した写真と同じ場所に並べました。
時間がある方は、比較してください。左端は縦長の巣枠式です。
 日本ミツバチ巣箱

巣箱前、巣門部の拡大(好みで自由に作ると好い、孔はφ9mm・巣門の高さは7mm程に仕上げています。)巣門等の大きさは、スズメバチが侵入出来ない寸法にするのが望ましいです。

また、孔は自然の巣に近い状態に、縦方向に並べると好いという人も居ます。
特に決まりのない日本ミツバチの巣箱です、自由に自分なりに考えて作ると面白いですよ。
実際に、群れを飼育すれば、自然に改良すべき箇所が解ってきます。
尚、巣箱前面の板は(2枚共)、蝶番を付けて、飼育管理がし易いいよう開閉するようにしている。
 巣門部アップ

底板と巣箱の後側です。巣箱の内部は少し焦がす程度にしています。
尚、巣箱の内部を焼くのは良くないとう意見の人も居ることを、付け加えておきます。
 底板・裏側(後)

☆・・養蜂書・・・この本をお勧めします・・・★

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
i-189 立派な巣箱が完成し、蜂さんたちも喜んでいることでしょう。i-228

i-118 薄暗い中での作業は大変だったと思います。i-225 お茶でも、どうぞ~ i-239 応援 ポチッ !!
2009/02/05(木) 11:30 | URL | チュロリンママ #W6lh6xGQ[ 編集]
蜜蜂は、新しい住家はあまり好まないので、木の香りなどを消さないといけないです。

お茶ありがとう!
横にママさんが居てくれたら、もっと美味しく飲めるよ(笑)
またの訪問を待っています。

2009/02/06(金) 22:52 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/476-cc82b6db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。