1群に必要な蜜源植物の面積 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂は、花から花蜜や花粉を集めて蓄えることはご存じだと思いますが、さて一つの蜂群(巣箱)では、どれだけ面積が必要でしょうか?
(この面積とは、採蜜が可能となる広さと考えます)

一般的に、このような素朴な疑問が湧くのは自然だと思います。これが養蜂上重要な問題と思いますが、本格的な調査・実験結果資料は無いようです。
しかし、養蜂の経験者(本業としている人達)は、ある程度把握していると思います。
多数の養蜂経験者の話をまとめると、ある程度は目安的な面積は割り出すこと出来る。

レンゲ(近年非常に少なくなってきたが)は、1群れの蜜蜂には50a(約5000㎡)が必要だと(採蜜が可能)考えられています。

また、花蜜はミカン畑では10a(約1000㎡)から20㎏の花蜜(蜂蜜になるとこれより遥かに少なくなります)を分泌すると言われています。意外と広い面積が必要ですよ!
我が地方では無いが、ホワイトクローバーやレッドクローバーは10a当たり6~7㎏程度の花蜜を分泌するといわれています。

このような状況で働く蜜蜂が集めてきた花蜜を、蜂蜜に造り替えて貯蔵しているのを、人間が頂戴するのです、いかに蜂蜜が貴重な食品であることが、理解できるでしょう!

☆・・・養蜂の勉強はこの本から始めると好いです。

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
う~ん、そう考えるとうちの周りにはあんまり花はないように思うんですが花粉は今もどこからともなく足にいっぱいつけて戻ってきます。
いったいどこに行っているのやら???
ところでうちのやつらはまったく産卵のペースが落ちません。代用花粉も1パック1週間でなくなりますし砂糖水も1日でなくなります。こんなに働いてるとほとんど冬を越せずに死んでしまわないかと心配です。
ちなみに砂糖水を2週間まったく与えずにいてもそれほど蜜は減らないのですが両側以外はあまりたまっていません。
2008/11/15(土) 13:26 | URL | kei #-[ 編集]
蜜蜂は花探しの名人です!
11月中旬のこの時期の給餌・・問題があるかも?
越冬用の給餌は、なるべく早めにそして短期間に必要量を与えるのが理想です。
ダラダラと砂糖液を与えると蜂が体力を消耗して短命となるよ。
枇杷の蜜と混ざる時期行うのも好結果が得られます。
しかし、暖地となる我々の地域では越冬期間が短くて、冬でも産卵が少しずつでもあるのは珍しくないです。
2008/11/15(土) 21:41 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/462-8d011e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。