蜜蜂の飼育を始める時の心得 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
趣味で養蜂を始めてみようかな?・・と思う人も多いでしょう。
大事なことは、蜜蜂を好きという状態にならないと長続きしません。単に蜂蜜だけ欲しいとういう理由では、失敗から逃れられないでしょう。

経費の面から考えて、飼育が楽な日本ミツバチを勧めますが、面白みは断然西洋蜜蜂だと私は思っています。
次々と問題が生じるので手抜きしては、飼育できない。・・・これが楽しみの一つと言えます。
また、飼育管理も難しいが、この反面やりがいもあります。
植物と同じで愛情を持って管理すれば、必ず好結果となって返ってきます。

蜜蜂の活動範囲は半径2㎞程度が実用的な区域です。面積では約1260haになります。
この区域内に蜜源となる植物が多くて、開花時期が偏らない植物が有れば飼育は楽ですが、小規模な趣味の養蜂ならば、たいてい何処でもやれるものです。

農家ならば、自分で蜜源植物を植えて増やすことも可能です。
尚、ミツバチ自身も流蜜期に一生懸命働いて蜜を集めて、花が乏しい季節に備える知恵を持っているので、初めから難しく考えは持たなくても大丈夫です。

大切なことは、その地域(土地々)の条件に合った飼い方であって、蜜源に関してはあまり取り越し苦労することも要らないでしょう。
しかし、これから蜜蜂の飼育を始めてみようという人が、様々な条件、方法等を調査、勉強することは大変好ましいことです。
また、飼育経験者の先輩等や養蜂を行っている場所に行って、直接アドバイス等を受けることは、得ることが多いです。

★・・・詳しいことは・これで・・↓
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/448-0ee75a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。