瓢箪の収穫、 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの記事の更新です。
ミツバチの飼育大失敗・・・・・、この件は次の機会に報告します。
今回は、瓢箪の収穫をしたので、この記事です(毎年、同じだけど・・・)

まず収穫前の状態です、瓢箪は完全に熟していないと中身を抜く時に、必ず割れるのでこのように蔓が枯れるまで置いておけば安心できます。
完熟すれば、ひょうたんの表面が白ぽくなり、叩けばカンカンと固い音が出ます。
 瓢箪(収穫前)

収穫した瓢箪です、出来栄えは小さくて満足出来ないが、手抜き栽培だから仕方ない、
右の写真は、中身を抜くために穴開けです。
収穫 瓢箪削孔

ドリルの先を、ひょうたんの大きさに合わせて開けます、大きいほど種等が出やすいので中身を抜くのは楽だけど、仕上げを考えてバランス良くします。
   瓢箪、穴開け

穴を開け、棒などで中身をほぐすと早く中身がドロドロになります。気温が高い時期ならば早いが、この時期は一週間以上かかる。さっそく水の中に漬けます。
   水浸け

水の中に入れただけでは浮いてくるので、このように錘で沈めます。
尚、日にちが経過すると臭いを発生するので、周囲に迷惑にならないように注意です。
田舎の我が家では、その心配は不要です。匂いをまき散らしても苦情が生じることは無い!
   水浸け、重り

★・・・参考になる解説書です・・↓
ひょうたん・へちま―栽培から加工までひょうたん・へちま―栽培から加工まで
(2000/03)
森 義夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わ~♪
『今年もこの季節が・・♪』なんて
bee83さんのお写真を拝見しながら思っちゃいました~。
思いおこしましたらこちらでいろいろなことをお教えいただきました。
(=v=)長いことご教授いただきまして
感謝です~♪

季節の変わり目、ご自愛くださいませ。
2008/09/13(土) 01:40 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
お久しぶりです、う~ん瓢箪は非常にすばらしいです。僕が子供のころに育てたのとはさすがに違いますね、といって比べるのも失礼ですね。しかし気になるのはやはりミツバチ飼育大失敗のほうでして・・・
早く更新してくださいよ~
ちなみにやはりいてもたってもいられず某大手養蜂場から6枚群を買ってしまいました。今蜂場において1週間ですがとりあえず順調な感じです。
2008/09/13(土) 16:45 | URL | kei #-[ 編集]
ティーさん
毎年、同じ事の繰り返しです。
少しは、進歩してるのかな~!

keiさん
瓢箪は、縁起物なので作っても知人に、プレゼントとなる・・・これが多いです。
飼育の失敗、うん、記事に書き辛い事ですが、書かないとイケナイネ!
2008/09/16(火) 18:53 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
しばらく雨ですね~。

蜜蜂さんたち入り口から雨のお空を眺めて
ためいきついているのかしら。(^ ^;)
2008/09/17(水) 23:45 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
最近、ブログが疎かになって、記事の更新も出来ていないです。
同じ記事に再度のコメントありがとう。
台風13号も、なりを潜めて通過しました。予想どおり恵みの雨となったようです。(被害無し)
2008/09/19(金) 11:52 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/441-c71dab70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。