スムシ | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂の巣箱に入って、卵を産み付ける蛾がいます。
この蛾(ハチノスツヅリガ、ハチミツガとも呼ぶ)の蛆をスムシと言います。
夏から秋の季節に多く発生します。
この蛾は、夜行性で夜巣箱に侵入します。西洋蜜蜂は強群ならば何ら心配不要ですが、弱群となると巣脾に産卵された卵が孵化して、巣脾が食害を受けます。
巣箱から取り出した巣脾枠も、産卵されている心配があるので、駆虫する必要が生じます!

日本蜜蜂も強群ならば、比較的防御するが、弱群は忽ちスムシの害を受けます。スムシに侵されると逃去となるでしょう。この為、時々巣箱の掃除をする必要があります。

スムシの食害を受けた巣脾枠です。こうなると使用できなくなります。  
   巣脾枠(スムシ)

拡大すれば・・!
   スムシ害(巣脾)

これが、スムシです。
   スムシ

付 録
この蛾も夜行性の蛾(メンガタスズメ)です。巣門に群がっているミツバチの中に突撃して巣の中に入ろうとします。直接の害は生じないようですが、攻撃を受けた群れは騒がしくなります。
夜間に、明るい窓などにミツバチが飛んでくる時は、これに攻撃されている場合があります。
(頭の部分が顔のように見えるところは模様です)
   メンガタスズメ

庭で飼うはじめてのみつばち―ホビー養蜂入門庭で飼うはじめてのみつばち―ホビー養蜂入門
(2008/07)
和田 依子

商品詳細を見る
趣味の養蜂を始めるに、最適書です!
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント

bee83さん、こんばんは~。

蛾って毒蛾も結構いますね。
ヤッパリ近くでごそごそされたら
蜜蜂さんもいやでしょうね~(= =;)繁殖力もめっちゃ強そう・・!

きませんように・・・ポチポチvv
2008/08/23(土) 23:35 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
ブログ・・・ご無沙汰です。
申し訳ありません!
この蛾は、厄介です、この対策の為に貴重なお宝¥が必要です。
巣脾枠をボロボロにされたら大損害です。
過去に、何度もひどい目に会いました!
2008/08/28(木) 17:47 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/440-e6149163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。