蜜蜂も夏休み | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
越夏期は、産卵育児は著しく低下するので、働蜂の労働の負担が軽くなり、体力の消耗が減少して、普通に考えられているよりはるかに長生きします。

正常な蜂群れでは、3ヶ月は生きているようです。(活動期の約2倍寿命です)

蜂群は、夏の間は普通、朝の涼しい時間帯に働いて、暑さの厳しい日中はあまり働かず、僅かに水を運び込んで、羽風で涼をとっていることが多いです。
これを怠けているのと早合点して、小細工な管理をして刺激与えるのは、大きな勘違いです!
これは、蜜蜂の本能的な健康法で、夏休み(暑中休暇)なのです。


但し、貯蜜不足の蜂群れは、働き蜂があせり平静を欠き、無理な集蜜活動行い体力を消耗するので、貯蜜が正常な群れより短命となります。

この、ミツバチの暑中休暇の時期でも、直接群れに対して管理の仕事は無くても、蜂場には1日1回は必ず見回る事が重要です。

これを行っていると、軽微な変化があっても気付くようになります。
そして蜜蜂に対して愛情も湧いて来るでしょう!

★・・・蜜蜂飼育法は、この本を読めば解ります!
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
早速の回答ありがとうございました。とりあえず養蜂協会さんに電話してその地区での養蜂家はいないと言う答えももらいました。う~ん今すぐにでも飼いたい!
もうちょっとの辛抱じゃ~
また進展がありましたらご報告します。
2008/07/19(土) 12:20 | URL | kei #-[ 編集]
趣味の飼育は、気楽出来ますよ!
そう、夏に始めるのは問題があるので、涼しくなる秋が適しています。
2008/07/20(日) 09:53 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/432-b88f91aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。