スムシに関して | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂を飼育で悩まされる1つとして、スムシ(蛾の幼虫)の被害です、
気温が上がる、夏から秋にかけての被害が増大・・・注意
蜜蜂の居なくなった巣箱を放置したままにすると、巣脾、巣がボロボロ状態になるだけでなく、巣枠・巣箱の板まで食い荒らされます、


西洋蜜蜂
は、強盛群ならスムシに食い荒らされる被害は生じないが、弱群は注意です、

日本蜜蜂は、スムシに対して防衛力が弱いので、スムシの侵害が生ずれば確実に逃去します、これを防ぐには、巣箱中を時々掃除をすることであるていど防げますが、夏には、特に蜜蜂に刺激を与えぬように注意してください、
又、巣箱と底板に隙間を作って、這い上がるのを予防しているのも、見かけますよ、

スムシは、夜、巣門から潜入して巣脾や底板等に微小な白い卵を産が、見つけることは困難です、餌は、花粉・蜂児の捨てた皮・巣房蓋・巣屑・・・、これを探すために巣脾を食い荒らすのでしょう、

巣脾の駆虫は、以前は二硫化炭素で手軽に出来ていたが、薬事法の改正で手に入らなくなったので、模索中です、
ドライアイスで実施している人も居るようですが、我田舎では、これも手軽に手に入りにくい、

ランキング・・ポチッ☆ヽ(▽⌒)よろしく♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/43-6d18cf8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。