給餌することは< | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂に、給餌(餌を与える)・・・ヘェ~?と不思議そうに思う人が多いでしょう。
給餌とは、蜜蜂に砂糖液を与えることです。
特に、西洋蜜蜂は給餌で群勢を管理するのが大切なことです。


砂糖を買ってきて餌を与えて、引き合うか?初心者は疑問を感じるかもしれませんが、ご安心を、つぎ込んだ砂糖代は、原則として採蜜量の形で帰ってくるはずです。
しかし、丹念に強勢群れを作り上げても、天候が相手の行為、大蜜流期(蜜を出す花が多く咲く時期)に曇りや雨の日続きや、低温続いたりすれば、蜜蜂の集蜜活動が行えず期待外れになることも・・・!

この場合は、つぎ込んだ経費は回収できない。
(こんな年も雨の多い我が地方では、生じることがあります)
ちなみに、我が群れは1年間に、一群れに10~15㎏程度与えています。

日本蜜蜂を、10群飼育している人が居るが、この人は給餌したことがないといっていたが・・、成果を聞かなかったな~!

養蜂は、天候に著しく左右されます。
しかし、悪条件でも弱群が採蜜ゼロでも、初春から建勢して強勢群ならば、ある程度の採蜜出来るケースがあります。
この為、多少の出費は覚悟しても、建勢に努めた方が得策となるでしょう!


ハチミツは、養蜂家(私は趣味ですが)の努力の結晶です。国産のハチミツは輸入蜜に比較すれば高価ですが、味や品質は優れた物が多いです!

☆・・読みやすく、理解しやす書かれている、養蜂書です。

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
(2000/04)
藤原 誠太、村上 正 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
蜜蜂さん、みんなで張るまで頑張って~!

先日眉山に車で上りましたら、蜂の木箱が中腹にいくつか点在しておりました。

この蜂さんも頑張って蜜を集めるんだな~って思いました。
桜を待っているのかしら?
2008/02/07(木) 23:26 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
私も、そちらへの訪問、ご無沙汰しています!
見られたのは、日本蜜蜂の待箱だと思います。
春を待ち焦がれているよ!
2008/02/08(金) 19:13 | URL | bee83 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/391-0b70373a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。