飢餓群の手当て | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
越冬群に、万一餓死の兆しがある群れを発見したならば、直ちに給餌が必要なのはいうまでもありませが、餓死寸前の蜂群れは給餌器で餌を与えても、僅かに身体を震わすだけで,給餌器の所まで移動して、餌を吸い取る気力は残っていないのが普通です!

この為、少し薄めの餌(糖液)を蜂球全体に霧状に吹きかけ、元気が出た時に、給餌器で与えるようにします。

但し、この行為は、暖地や温かくなった3月では、盗蜜を誘発するので、巣門の縮小または閉鎖などの対策を講じた上で行うようにします。
また、盗蜜を防ぐ為に給餌の時間も、夕刻に行います。

凍えた蜂群れの処置

凍死という現象は、単独で起こることは殆どない(部分凍死は別)
たいていの場合は、飢餓と併行して生じます(飢餓の結果として)こえは、蜜切れの為蜂球温の低下を防ぐことが出来なくなった蜂群れに多く起る現象です。

巣門を金網などで塞ぎ、温かい場所(16℃以上)に巣箱を移動し、上記と同じように給餌処置を行います。

尚、巣内が広くて巣脾が多過ぎるか、弱群の場合は、貯蜜を持っているにも関わらず、凍死する場合があります。
巣脾を取り出して、蜂を密集させます。

凍死と餓死は紙一重の違いです。
凍死状態の蜂群は、温めれば生き返るが、餓死した群れは救助出来ません。

凍死群れと餓死群れの見分け方は、赤い舌を出しているか如何かを見れば判断できます。その他の餓死群れの特徴として、巣房へ頭を突っ込んで死んでいるか、蜜を求めて歩き回っていたので、底板に蜜蜂の死骸が散乱している!


ランキング,下降気味です,応援ポチッ☆ヽ(▽⌒)よろしく♪飛び上がって喜びます・・♪

こちらも,('-'*)ヨロシク♪ 【人気blogランキング】

☆・・蜜蜂の飼育方法・・解説書です!

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
(2000/04)
藤原 誠太、村上 正 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まだ経験はありませんが、餓死、凍死、、怖いですね、、、
最近は、午前中の暖かいときには、盛んに外へ飛んでいきます。
2008/02/05(火) 23:24 | URL | ナベショー #-[ 編集]
餓死・凍死=全滅となるので、秋の管理が重要です。
私は、1群餓死させた苦い経験があります!
最近、10日ほど寒い日が続いているので,暖かさを待ちこがれています
2008/02/07(木) 20:04 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/390-0f1ea6e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。