蜂球温度 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜂群れは、気温が14℃になると越冬の為蜂球を形作ります。
この後、いくら気温が低下し続けても、蜂球内部の温度は14℃以下には下がりません!

14℃という温度は、他の昆虫が冬眠を開始する温度と一致します。

気温がさらに低下し続けると、蜂球は益々凝縮し、内部では発熱の為、運動が始まります。
働き蜂は8℃で凍えて蜂球から落下するので、発熱が開始されるのは球の表面が10℃以下になった時だとされています。

働き蜂の触角には温度を感知する器官があり、蜂球の表面に居る蜂が、この器官で気温の低下を感じて、何らかの反応をすると、これに刺激されて内部の働き蜂が、発熱運動を開始すると考えられています。

蜂球の内部温度は、幅があり20~30℃の間に保たれています。
また、1日の最高と最低の温度は幅は5℃以内とされています。
蜂群が強勢のほど、最高温度が高くなる傾向があります!

気温の急激な変化がある場合も蜂球温を上昇させます。
気温が下がれば反応して蜂球温を上げる。

その他にも、蜂球温を上昇させる原因があります。
脱糞飛行に行けない状態が続いた場合、越冬貯蜜の粗悪、腸内にノゼマアピスが寄生していたりする場合は、特に著しく上昇し、致命的な打撃が生じます。

また、光の投影や巣箱の振動等で2~3℃上昇するようです。
どんな原因でも、蜂球温の上昇は貯蜜の消費と体力の消耗を伴うので、越冬管理上好ましくありません!
越冬技術を、極端に言えば、蜂球温を最低水準で維持す技術だと表せます!

☆・・蜜蜂飼育の参考書

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 / 角田 公次
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 / 藤原 誠太、村上 正 他


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
暖かければ、いいって言うものでは、

無いんですね~?!(= =;)
2007/11/26(月) 13:59 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
蜂は八・・8℃が境です!
8℃でこ凍え、8℃を越えれば活動開始です!
2007/11/27(火) 00:10 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/364-7797dcee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。