蜜蜂の攻撃行動 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜂は、普通単独で餌を求めて飛び回っている時は、人に対して攻撃することはまずありません!(他の蜂も同様)
直接触れ、刺激を与えれば刺すことがあるよ!・・・注意!


蜜蜂に限らず、住家(巣)が襲われそうになれば、集団で攻撃してくるのが蜂の習性です。

外敵から攻撃(刺激)を受けると、集団で襲ってきます。働き蜂は仲間に敵が来たことを知らせる、警戒フェロモン発生させます。

一箇所刺されると、そこからフェロモンが発散し仲間を刺激して、更に攻撃的になってきます。
この為、蜂を扱う場合は、注意を要します。
一度この場を、離れて刺された箇所を洗って、フェロモンを流すのも一つの方法です。

尚、燻煙器で煙を吹きかければ、蜜蜂はおとなしくなるので、養蜂を行っている場合はこの方法を実施します、但し西洋蜜蜂の場合です。

日本蜜蜂は煙を嫌うので、燻煙は行わない方が賢明です。
西洋蜜蜂よりおとなしくて扱いやすい蜜蜂なので、音、振動を与えるだけで、集団で移動します。
霧状の水を吹きかける方法も効果的です!

一般的に、若い蜂(主に内勤)より老齢の蜜蜂が攻撃性が強い傾向があります。
そして、気温が低い時や天気が悪い時にも攻撃性が強くなります。
逆に、.暖かくて、花蜜が多くある時期は比較的おとなしい。
また、花等を飛び回って蜜を集めている時は、刺すことはまずありません


蜂は、群れの意識が強く、巣門(巣箱の出入り口)付近に居る警戒蜂は、同じ蜜蜂の仲間の他の群れの蜂が近づけば、瞬時に他群蜂と識別して攻撃して撃退します。
これは、群れ毎に、その群れ独特の匂いを持っている為に、判断できるのです。

群れ(一族)を守る意識は、我々人間も見習わなければ、ならないこともあるようです・・・!

ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】

☆・・蜜蜂の飼育方法はは、↓これで解ります

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
角田 公次 (1997/03)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
藤原 誠太、村上 正 他 (2000/04)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
でもね~、あんだけ一日、せっせと蜜運びしたり、巣作りしたり、

蜜蜂さんだって、肩や腰が痛んでくるのかもしれませんよ~・・。
それを押して働いている。。のに、ちょろちょろ周りに目障りなのが着たら、
長く生きてる蜜蜂のほうが、おこりっぽくなる気持ちも
わかりますね~ティー・・・。

(ぽちぽちっ♪)
2007/11/03(土) 02:31 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
面倒な質問ばかりで申し訳ないです
難しそうですが合同にチャレンジしてみます
失敗したら、また蜂わけてもらえるので

bee83さんのとこは蜜源は何がありますか?
こっちは、アカシア少々と柿、栗が多いです 今はコスモスとセイタカアワダチソウが咲いています もう咲き終わりになりますが
2007/11/03(土) 09:32 | URL | KZ #-[ 編集]
今までおとなしかった蜜蜂が、ある時を境に急に攻撃的になり、手袋をしないと内検出来なくなることが、数度ありました。
気がつかない原因があるのだと思いますが、、
日々世話して可愛がってる蜜蜂が刺しに来る、、、なんだか悲しくなってしまいます。
2007/11/03(土) 17:03 | URL | ナベショー #-[ 編集]
ティーさん
面白い、発想しますね!
肩こりや腰痛の蜂が居たら愉快だね!
ヤケッパチ?になるかも?

KZ#さん
特に、この時期は、難しさが大です、成功を祈っています!

蜜源は、少なくて、ミカンやクリの時期は良いのですが、他の季節は、足らないです!

ナベショーさん
西洋or日本蜜蜂・・どちらですか?
群れによって、個体差はありますが、急に変わったのは、何故だろう?
詳細がわからないので、判断出来まいな~!
2007/11/03(土) 21:53 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/352-e0df2158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。