巣箱置場の状況 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂飼育の記事も、一年以上過ぎると、重複した記事が生じるようになって来ました、
思案しています・・・?

現在(今日)の巣箱置場の状況です!
暑さ対策の覆いを取除き、そして継箱も撤去しました!

スズメバチは、まだ単発で来ている様なので、スズメバチ捕獲器は取り付けたままですが、捕獲する為の工夫は一部取除きました。
巣門の前に、このような障害物有ると、蜜蜂の出入りに支障が生じているのは確実なので、出来るだけ早く撤去したいと思っています!

巣箱置場  巣箱置場


日本蜜蜂の巣箱置場です!
手前は、スズメバチ予防器、奥は捕獲器です、今年はこの巣箱双方には全く被害が生じませんでした!
巣箱置場(和蜂)


重箱式の巣箱です。今年、分蜂を収容した群れです、
まずまずの強群ですが、今年は採蜜は控えました!

ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ミツバチって自然界とか、飼育とかされている中で、

種族としては、数は増加していてるんですか?

それとも、減少しているんでしょうか?
2007/10/28(日) 22:23 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
蜜蜂の品種改良(新種)は、難しいようです!
それは、蜜蜂の交尾が空中で行われているのも影響しています。
これは、空中に出て他の群れの雄と交配する機会を得ているのです(近親交配を避ける)
この為、新品種が出来たとしても2代目で雑種と成る。
離れ島などで、他の種類が居ない場所ならば、血糖は守られるでしょうが、現実は困難でしょう!
そして、キラー蜂(殺人蜂)と呼ばれる蜜蜂は、人工的に交配して作られた品種だったが、実用に耐えられない種類となった、苦い過去があります!
特殊な、装置で交尾させることも出来るようですが、新品種は聞かないな~!”
種族は、現状維持でしょう!
2007/10/28(日) 22:42 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
では古来からのお姿で、営々と現代に。

なんだか、遺伝子何とかの多いこのごろ、蜜蜂さんて安心ですね~♪(^ ^)

では、数(人口みたいな)では、増えているんでしょうか?

2007/10/29(月) 11:30 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
ズバリいきましょう!
日本の、養蜂業者は昭和55年には、10900人程(ピーク)~平成12年には5300人程に半減しています!

飼育数も、55年の306,200群が、平成12年には184,000群と少なくなっています!
現在は、まだ減っているようです!
蜜源となる植物のある区域も、昭和45年の1/3になっているので、養蜂業が出来なくなったのでしょう!
尚、このデーターは、養蜂業と呼ばれる専門の職業としている数です。
2007/10/29(月) 20:44 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/348-410f988b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。