花粉源 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花の少ないこの時期に咲く、黄花コスモスは貴重な花粉源です、
何故か、蜜蜂は盛んに訪れる・・とはいえないが!
確かに訪花はしています!

次々と開花して長く咲いています、繁殖力が強いのか、翌年は、こぼれた種から、周囲一面から発芽します!

黄花コスモスと蜜蜂

・菊(きく)科。
・学名 Cosmos sulphureus
Cosmos : コスモス属
sulphureus : 硫黄色の,黄色の
Cosmos は、ギリシャ語で「飾り」の意味。
・メキシコ原産。
・6~10月頃開花。
・コスモスの仲間で、花色が黄色かオレンジ色なので
この名前になった。
・葉っぱはコスモスより太くギザギザ。
(コスモスの葉は線状)
   ー季節の花300HPよりー

また、この季節に咲く、セイタカアワダチソウ(ゴールデンロッド)も貴重な花です。(写真は、先日の記事を参照願います)
流蜜もあります!
以前は、花粉喘息の元だと言われて嫌われていましたが、ヌレギヌのようです!
花粉症の原因となる植物は風媒花が主です、セイタカアワダチソウは虫媒花なので、空中に飛ぶ花粉もそんなに多くない!
しかし、繁殖力が強く、草丈も高いので邪魔者扱いされても仕方ないかも?
この花は、蜜蜂意飼育している人にとっては、大事な花です。


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
藤原 誠太、村上 正 他 (2000/04)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る


ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
角田 公次 (1997/03)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
セイタカアワダチソウが咲き始めて、蜜蜂が急に元気が出て、活発に飛び交うようになりました。
寒くなってきたとはいえ、女王はよく産卵しており巣脾枠が蛹や幼虫、卵でいっぱいです。
2007/10/19(金) 16:50 | URL | ナベショー #-[ 編集]
セイタカアワダチソウが、蜜蜂にとっては、恵みの花になっているようですね!
我が方は、日本蜜蜂は、一生懸命訪花しているが、西洋蜜蜂は少ないような感じがします!
越冬対策を、万全にしてこの冬を乗り切りましょう!
2007/10/19(金) 21:56 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
蜜蜂さん、

美味しい蜜を一杯集められると言いですね~(^ ^ )

蜜蜂さんは、風邪とか引かないんですか?
2007/10/19(金) 22:51 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
蜂の風邪は・・・聞いたことが無いな~!
吾輩も、風邪知らず!
2007/10/20(土) 09:41 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/342-a88dab07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。