日本蜜蜂(飼育)の長所 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
趣味の養蜂として蜜蜂の飼育をすれば、
日本蜜蜂の最大の長所は、経費(¥)が少なくて始めれることでしょう

西洋蜜蜂の飼育となれば、巣箱・巣枠・巣礎・給餌器・分割板・覆面布・燻煙器・スズメバチ捕獲器・遠心分離機・・・その他の小物(道具)が最低限必要です、
給餌も多く必要となる(群れの維持管理の為)
そして、群れが増えれば、その飼育用の用具が必要になる。

その点、日本蜜蜂ならば、巣箱も簡単に自作出来るし、自然巣飼いの巣箱ならば、他の道具は殆ど必要としない!
また、待ち箱で蜜蜂を捕獲出来ることがあります(これも楽しみでしょう)

長 所

1、病気に対して強い、(これは大きな長所です)

2、害虫に対して強い、ダニなどの心配は要らない

3、スズメバチに対して、防衛戦略を持っている
 スズメバチの致死温度(47℃程度)に体温を上げ、集団で蒸し殺す!
西洋蜜蜂のように、むやみに対抗し大量殺略を受けない!

4、寒さ暑さにも強い。但し巣箱は夏場は、直射日光は避ける。
 体色も、季節によって変化させて対応している。晩春から初秋は黒色が薄れ、一見して西洋蜜蜂と見間違えるような色になります、冬は黒が基調の色になります、

5、生命力、群れの回復が早い。
 西洋蜜蜂では消滅の運命となる、一握り程度の群れでも、日本蜜蜂は一人前の群れに回復する可能性がかなり大きい。

6、動きが敏捷です。
 これは先祖が生活した環境でが影響しているのでしょう!アフリカのサバンナのような広い場所で育った、西洋蜜蜂と違い、密林(森)で進化してきた東洋蜜蜂の亜種である日本蜜蜂です、
林の中で育った日本蜜蜂は、西洋蜜蜂よりも、花から花へ飛び移る時間も素早く移動出来ます!

7、西洋蜜蜂と比べると、おとなしいから刺すことが少ない。

しかし、短所もあります、
過去の記事にもあるが、また次の機会に掲載します!

★詳しいことは、この本で・・・!
 
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
藤原 誠太、村上 正 他 (2000/04)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る


ニホンミツバチの飼育法と生態 ニホンミツバチの飼育法と生態
吉田 忠晴 (2000/01)
玉川大学出版部

この商品の詳細を見る


ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
角田 公次 (1997/03)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る



おかげでランキング,少しアップしましたが,もう少し,ポチッ☆ヽ(▽⌒)よろしく♪飛び上がって喜びます・・♪

こちらも,('-'*)ヨロシク♪ 【人気blogランキング】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
雨、ちょっぴり降りました~♪ありがとうございましたvv

日本蜜蜂さん

やっぱり、古来からの地元蜂さん。

いつまでも日本で繁栄していただきたいでっす~♪
2007/10/08(月) 18:19 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
予想したより、雨少なかったけど、畑にとっては、恵みでしたね!

そうです、日本蜜蜂は、和蜂・地蜂とも呼ばれます、
繁栄を続けて欲しいね
2007/10/09(火) 12:32 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/334-3861e8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。