蜜源植物(花蜜) | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
養蜂は、蜜源植物がなければ、成立ちません!
その蜜源植物の花蜜とは、どんな物でしょう?


花蜜とは、植物が蜜腺(蜜槽)から分泌した液体のことで、蜂蜜の元になるものです!

花蜜の成分は大部分が、水と糖分です。
その他に、花粉や若干のビタミン・燐酸・カリウム・マンガン・カルシウム等のミネラルやタンパク質も含まれています!
糖分のうち最も多いのは蔗糖ですが、ブドウ糖や果糖のような単糖類も若干含まれてることは注目に値するといわれています!

花蜜の濃度(糖分の含有量)も花によって、バラバラです、
一般に、蜜蜂は二つに違った蜜源植物が、同時に咲く時は、濃度の高い方を選ぶ傾向があります。
その為、濃度の低い植物は、結実率が悪い傾向となるようです!
このような関係から、蜜源植物のあいだでも、ミツバチとの関係において、一種の生存競争がある訳です。

花蜜の分泌量も、花によってまちまちで、ユリノキ(チューリップ・ツリー)のように、一つの花で蜜嚢がいっぱいになるのは例外で、普通は最低50から最高1000個位の花を訪れなければ蜜嚢はいっぱいにならないと言われています。

ボイラー(ドイツの学者)の測定によれば、一花当りの花蜜の分泌量は、最低のヤナギランの0.02mg、最高がクロイチゴの7.6mgだったそうです、最低と最高では、300倍以上の差がある。

上記のことから養蜂始める場合は、蜜源植物の分布調査が必要なことがわかると思います、
しかし、趣味の養蜂では、都会でも飼育出来るので、難しく考えることは不要でしょう!

ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】


☆・・ミツバチ飼育の知識は、↓ここから。

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 / 角田 公次

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 / 藤原 誠太、村上 正 他
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/10(月) 17:47 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/321-7ac39521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。