日本ミツバチ | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本蜜蜂は、巣の中に貯蜜(食料)が多くある時は、少し怠け者です!
過酷な天気の時は、外に飛び出しません!


逆に、巣内に食料が少なく、幼虫が腹をすかしている時は、西洋蜜蜂が働けないような低い温度の気候でも、無理して花粉や蜜等の食料を調達して来ます!

また、花から花へ飛び移る時間間隔も、西洋蜜蜂より素早く、チョコチョコとジグザグに狭い所も飛び廻れる特徴をもっている。
すばしっこさでは、日本蜜蜂が西洋蜜蜂より数段上手です、これは、昔から住んでいた環境が、森林によるもの考えられます。

小さな花の集合花では、西洋ミツバチが10の花を訪れる間に、13~14花を回っているのも珍しくない!

日本蜜蜂は、アフリカのサバンナで育った西洋ミツバチと違い、アジアの密林で独特進化した、東洋ミツバチの亜種です。

一方、西洋ミツバチは、広い地域で進化してきたので、自分の巣からかなり遠方にある、まとまった花(蜜源)に行き来するような直線的飛翔に向いているのかもしれない・・・!

★・・詳しくは・・・↓

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
藤原 誠太、村上 正 他 (2000/04)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る


ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
角田 公次 (1997/03)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/312-0a15153d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。