花粉採集・・・! | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂が訪花して、後肢に花粉を付けている姿はよく見られますね、
しかし、花粉を集めている作業の状態を観察することは、容易ではありません、
採集蜂の動きが機敏で巧妙な作業をする為です、
また、蜜蜂の後肢は花粉を集めるのに合理的になっています、
後肢の第一関節は特に大きくて内側に鋼毛が密生しています、鋼毛は花粉を払い落とすブラシの役目をします、
脛節の外側は長い毛で縁取られており、中央部が凹んで籠のような構造になっています、
花粉がこの部分に収められるところから・・・【花粉籠】と呼びます、
花粉籠の裏側の下縁には硬い鋼毛がレーキのように下向きに生えています、

花粉採集蜂の動作が観察しにくいのは、殆どが飛行中に行われるためです、

働き蜂は、花のオシベの先に止まって顎と舌で花粉を噛んだり舐めたりして唾液と蜜で湿らせ、口器の辺りにくっつけます、こうしている間に身体中に生えている鋼毛の為、花粉が腹や脚などに一面にくっ付き、花粉まみれになります、
こうして身体中に付着した花粉は、飛行中に肢の巧妙な操作により花粉籠に収められる!
この方法は、前肢に付着している乾燥した花粉と、口器の辺りのネバネバの花粉を掃い取って一つに固め、これを中肢に渡します、これを受け取った中肢は、他の胸部や腹部に着いている花粉を集めて更に大きな花粉塊を作ります、続いて後肢の跗節どうしが合わされて、その間に左右の中肢が挿入され前に引き抜かれます、
この作業で花粉が、後肢の内側にぴったりくっ付きます、

こうして、充分な花粉が後肢の第一関節の内側のブラシにかき集められると、反対側の後肢のレーキ状の花粉櫛と棘状突起がトゲの生えたピンセットのように働いて花粉塊を摘み取り、このピンセットが閉じると、花粉塊は上に押し上げられ、花粉籠に送り込まれます、
こうして大きくなった花粉塊は、最後に巣箱に持ち帰ります、
花粉採集蜂の任務はここまでです、・・(巣房に無造作に蹴落とす)

この後始末を、若い内勤蜂が処理します、
そして、荷降ろしした採集蜂は短時間の休憩をして、また採集作業に飛び出していきます!

花粉採集蜂の往復時間は、採蜜蜂の場合より短くて、普通10分~15分と言われています、
一回のサイクルが20分程度として、繰り返されます、
尚、働き蜂が一回に運べる花粉量は、花粉源植物で差はあるが、平均20mg前後というのが通説だから、1kgの花粉を集めるには、なんと5万回も巣箱と花の間を往復する必要があります、

写真があれば、理解しやすいでしょうが、アップの写真がなかったの申し訳ない・・!
上記、近代養蜂(渡辺寛、孝・・共薯)転記、参考です。

ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして!
サーフィンできました。
色々と参考にさせてもらいました。
2007/05/01(火) 10:20 | URL | 勝又 #-[ 編集]
訪問、コメント・・感謝です、
蜜蜂が主体のページですが、興味のない方にとっては難しいかも?
しかし、興味があれば、必ず役立つと信じて書いています、
今後も、よろしく!
2007/05/01(火) 10:38 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/251-840a69ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。