西洋蜜蜂の分蜂防止 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は、分蜂熱が予想より、かなり早く発生し、初期の処置が出来なかったので、・・・大失敗の年になりそうです、
この結果、分蜂熱が進み王台を潰したり、巣礎枠を入れたりしただけでは、分蜂熱が冷めず、何回も分蜂が生じてしまいました!(3群れは分蜂発生を防止出来ています)
この結果、採蜜は多く望めないかも・・?予定よりかなり少なくなりそうです!

初期の分蜂気配時は、王台を潰して、巣礎枠を入れて蜜蜂に仕事を与え遊ばさないようにすれば、軽い分蜂熱は簡単に解消させることが出来る、
しかし、群れによっては、分蜂しやすい蜂群もいるので、各群れ様々ですが!

加熱した分蜂熱の処置
色々な方法を行っても過度に進んだ分蜂熱を消滅させることは困難な場合は、人工的に分蜂させるのも一方法です、
分蜂させたくない場合は、振い落し法と呼ぶ方法があります、これは、昨年は行って良い結果が得られました(今年は手抜き・・)
方法は、蜜蜂の着いているままの巣脾を片っ端巣箱前で蜜蜂を振るい落とすやり方です、元の巣脾の代わりに空巣脾枠を入れます、
これは、蜜蜂を分蜂したような気分にさせるのです!

分蜂防止のポイント

1、日陰に巣箱を置く事、
 分蜂は気温の上昇と密接な関係があるので、効果的な防止法です。
2、巣脾枠の間隔を広くする。
3、若い王蜂を導入する。


趣味で蜜蜂の飼育では、蜂群れを増やしたい人が多いのが、現状でしょう
分蜂した蜂を収容する事が出来るのならば、自然に分蜂させるのが賢明でしょう、但し、出来るならば第1分蜂だけにするのが望ましいが、第2分蜂まで止めよう(巣箱を内検して、王台を除去する時、残すのを1個又は2個とする)
無制限に分蜂させると、元群、分蜂群れとも弱少群れとなり、一群を維持するのが困難になります!

ランキング参加中です、幸せを呼び込むポチッ(クリック)応援を★⌒(@^-゜@)v ヨロシクネ♪泣いて喜びます♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今日内検したら、王台が4つもありました。危ない危ない、、、
もう一群増やしたかったので、女王と蓋した幼虫の多い巣脾枠3枚を別の箱に移して、王台を一つだけ残し、空巣脾を3枚入れました。
これで当分大丈夫でしょうか?
4~5日前には王台に気つきませんでした。
2007/04/28(土) 13:30 | URL | ナベショー #-[ 編集]
王台は10個近く出来る時もあるので油断大敵です!見落としが良くあるので入念に確認必要です、
王蜂と育児枠3枚を別箱にしたのは正解ですが、
元巣箱には、育児枠何枚残っているのかな?
蜂児が生まれるようになるのは1ヶ月も先になるので・・配慮忘れずに!


そちらのページ、コメント残そうと思っても、メールアドレス記入しないと送れない設定・・なので、残せません!
2007/04/28(土) 20:45 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
元の巣箱の下段には育児枠5枚、それに三枚の空巣脾を足しました。上段には、蜜貯蔵用の巣脾枠5枚が入っており、半分くらい蜜が貯まっております。
内検の時、巣脾枠を振るって、蜂を落とさないと、王台を見つけのは困難ですね。
2007/04/29(日) 14:31 | URL | ナベショー #-[ 編集]
元巣(上下で10枚の巣脾+3枚巣礎枠)問題ないと思われるが、ただ一点、巣礎枠を一度に3枚は?
強群れで造巣すればいいのだが、どれも中途半端な造巣になる可能性があります!
入れる場所も関係します!
王台(変成王台は巣脾の中ほど)は巣脾枠の下に作るので、蜂は振るい落とさなくても見えるでしょう!
2007/04/29(日) 21:04 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/249-ab2edbe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。