産卵圏の拡大方法 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
越冬中の蜂球は、巣脾の前方に出来る、この影響で早春の産卵圏は、巣脾の後方に遅れが生じるようになります、

これをそのまま処置せずにいると、群生の伸びが遅れます、
これを防止する為に、巣脾を180度反転します、(前方が後に後方が前になるように)

初春の産卵は群れの中央部から始まり、順次外側に広がるのが原則ですが、早春は気温などの関係で、外側の巣脾まで産卵圏が広がらない場合があります、
このような蜂群に対しては、巣脾の転換を行います、尚、1回に1枚ずつとするのが無難です!
(中央の巣脾と外側の巣脾を入れ替える、この時前記のような反転はしない)


反転、転換を行う目的は、産卵すべき場所を早く与えることです、
そしてこれを行う時期は、巣脾全面に産卵育児が行われていない時、群勢が未発達で、寒暖の差が有る時のみに実施することなので、最新の注意を要します、

群勢を無視してまで行うと、産卵圏の拡大部と出房間近の蜂児に支障が生じたり、働き蜂が過労の為、寿命を縮めるようになって、マイナスという結果になる事もあるので、充分留意する必要があります、

前記の方法もあるということを、覚えておくと良いでしょう、
自信が出来てから実施すのが望ましい!


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
難しい・・・
趣味程度でどこまで出来るか・・・

昨日、獣医の先生の所に行って来て、我が家の蜂箱に入れる蜂の餌を頼んできました。
あともう少しでこの辺りも蜜蜂がたくさん飛んできます。
蜂箱に入るかな?
2007/02/27(火) 07:32 | URL | 上州羽物クラブ #-[ 編集]
趣味では、行う必要が無い記事かも知れませんが、
こうゆう方法もあるんだと、覚えていても損にはなりません!
飼育蜂群が増えてくれば、失敗を恐れずに、色々挑戦できます!

日本蜜蜂の分蜂群れ捕獲を狙っているんですか、
成功すれば良いね!
2007/02/27(火) 09:44 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/218-47da3c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。