蜂群れの滅亡に注意 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
順調に越冬を終え、春になり働き蜂も野外活動が活発になり、
そして王蜂の産卵も見られ、何も問題ない状態と思われる時、あっけなく全滅となる場合があるので注意を要します。


理由は、野外に蜜源となる花が咲いていなければ、育児の為の貯蜜の消費が急増して、蜜切れとなり、また越冬した蜜蜂の寿命がつきる・・・蜂のバランスの崩れが大きな原因です。

分蜂群れを収容した場合も、外に花が無い時期ならば、滅亡する場合があるので、この時は給餌を行うべきです。

他に、全滅となる恐れがある場合は、
無王群となっているのを気づかずに、そのままにしていれば確実に全滅となります、
凍死、餓死、熱殺(蒸殺)病気、外敵(スズメバチ等)の被害等があります、


このような、蜂群れの滅亡は、管理に注意していれば、気づいて適切な
処置を行えば防げるので、蜜蜂を飼育している時は、このようなことがあることを、忘れずに飼育しましょう!



愛が無くても応援のポチッ☆ヽ(▽⌒)よろしく♪

こちらも,('-'*)ヨロシク♪ 【人気blogランキング】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
原因が分っていれば対処できます。
しかし、中には原因不明で死んでしまう事もあると思います。
蜜蜂はどうなのですか?
我が家のきんか鳥や金魚もポックリ逝ってしまう事がありましたが、いろいろ研究して現在はほとんど解明致しました。
そういった死に方させないように、飼育主や飼主はもっと勉強しなければいけませんね。
2007/01/29(月) 20:39 | URL | 上州羽物クラブ #-[ 編集]
コメントありがとう、
私も10歳~30歳位までの期間、小鳥(カナリヤ、金華鳥、インコ、紅すずめ、文鳥、十姉妹・・等々)伝書鳩、鶏・地鶏そして、野鳥のスズメ、メジロ・・・等、色々の飼育経験があるので、ある程度の原因は把握できました!
猫も飼っていました、
今は、メダカ、金魚も飼育中、死なす事もあったけど、思い当たる原因がありました!

蜜蜂は、上記の飼育と違って、数の飼育なので、死は付きもの(寿命が短い)、その数より生まれてくる数を多くすることで、対応出来ます!
2007/01/29(月) 21:00 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
>育児の為の貯蜜の消費が急増して・・

みんな、お花が少ない時期にでも、頑張って子育てしているんですね~・・。

人間の中には、自分のたのしみのために、それを放棄するものもいるって言うのに、

蜜蜂さん、えらい。(= = )
2007/01/29(月) 22:12 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
人間の世界より、昆虫の世界が純粋で整然と生活を営んでいるようです、
見習いましょう!
2007/01/30(火) 08:19 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/201-e2ed8dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。