越冬期の蜂群管理 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜂に興味のない方には、関係ない記事ですが!

寒い冬の季節は、管理は暇ですが、蜂場(巣箱置場)の見回りは行いましょう、
突風の為、巣箱の覆いが飛ばされ、巣箱が傾く場合があります、
また、保温包装材が湿っていないか等確認して、適当な処置を実施します


貯蜜の欠乏は、越冬準備が万全な群れではまず生じないが、絶対とは言えません、
この寒い時期は、巣箱の蓋を取って確認することは出来ないので、外側から判断します、
軽包装の巣箱ならば、両手で少し持ち上げて重さを確認する、
非常に軽い巣箱ならば、貯蜜が減少している群れだと判断できます、

巣箱内部の蜂の音で判断することも可能です、
巣箱に静かに近づいて,巣門近くに耳をあてがい、蜜蜂が出している音を聞く、
活気のある群れならば、シュツシュと音を発するはずです、
この音が聞こえなければ、巣門付近を指先で軽く叩いて、耳を澄ませば、元気な群れならば、シュツシュ・・と音を立てて反応します、
全く、反応が無ければ、何らかの救済処置を行う必要がある。


蜜蜂は群れ全体が、一つの有機体で共同生活をしているので、貯蜜が欠乏しても、最後の一滴まで分け合います!秩序ある集団だよ、だから、我先にと奪い合いするような事態にはならない!
生きている蜂、死んだ蜂が居るのは、各蜂の体力の差でそうなるのです、


餓死の兆候を発見したならば、直ちに給餌しなければならないが、餓死寸前の蜂群れは、給餌器で給餌しても、餌を吸い取る元気がないので、
応急処置として、少し薄めの餌を蜂球全体に吹きかけ、・・・元気が出てきた時に、普通の給餌を行うのが良い、
尚、この時、盗蜜が発生する場合があるので、夕刻に給餌し必要ならば巣門を縮小します、

凍えた蜂が生じたならば、暖かい部屋に入れ前記と同様の処置を行います、また、無駄な巣脾を取除いて蜂を密集させます。

凍死群れと餓死群れの見分け方は、赤い舌を出した状態か、巣房へ頭を突っ込んで死んでいるか、及び、最後まで餌を求めて歩き回り、死骸が巣箱の底に散乱しているのが殆どです!

こうならない様に、日頃から愛蜂には愛情を注ぎ、管理しましょう!


愛が無くても応援のポチッ☆ヽ(▽⌒)よろしく♪

こちらも,('-'*)ヨロシク♪ 【人気blogランキング】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うわ~・・・自然って・・(= =;)

そんななかでも、みんなだ餌をわけあうんですね~・・・。

人間も見習えるでしょうか・・・。(ー ー;)

春まで皆さんお元気でありますように・・。
2007/01/12(金) 14:11 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
そうだよ、餌が少なくなっても、我々人間のように我先にと・・しない、
みんな、平等で秩序が保たれている世界、・・素晴らしいね!
春を、待ち遠しく・・・、待っています!
2007/01/12(金) 16:21 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
ブログ&Webサイト運営者様

「レビューda!ドットコム-Reviewda.com-」がオープンしました。
古今東西あらゆるものの評判やクチコミが集まるサイトです。
従来のブログランキングなどとは異なり、
同ブログ内の記事でも異なる記事内容であれば、
URLを「クチコミ検索」というコーナーへ個別に登録可能です。
不特定多数の方が投稿された記事を絞り込み検索して読まれますので、
記事一つ一つがご自身のブログのアクセスアップにつながります。
この機会に是非ご利用ください。

http://www.reviewda.com/

※詳しいご利用方法はサイト内の各ヘルプをご覧ください。

レビューda!ドットコム-Reviewda.com-
2007/01/12(金) 19:10 | URL | レビューda!ドットコム #sq4QJOk.[ 編集]
蜂の世界も、餓死や凍死など、色々と厳しいのですね~。e-330 
bee83さん、今年も可愛い蜂たちの為に、頑張って下さいね!e-267

今夜も応援して帰りま~す。 v-392 コメントのお礼で~す♪゛ v-422
2007/01/12(金) 23:39 | URL | チュロリンママ #W6lh6xGQ[ 編集]
南国とはいえ、巣の中で凍死なんてことがあるんですね。考えてもみませんでした・・・。
人間、感謝するところもあれば見習わなくてはならない集団としての心得もあるわけですね。

応援ぽちっとな! また来ますね~。
2007/01/13(土) 09:01 | URL | みいる #-[ 編集]
チュロリンママさん
応援、コメントありがとう
蜜蜂の社会も、人間界に負けず厳しい世界です、
生きていくことは、困難との闘いです!
今年も、愛蜂と共に頑張るよ!

みいるさん
応援、コメントありがとう
昆虫は冬眠や蛹等で越冬する種類が多い中で、蜜蜂は成虫のままで静かに越冬・・、だから蜂蜜、花粉の餌不足は、致命傷となるのです、
蜂蜜を食べて、発熱して蜂球の温度を一定の規律の中で保っています、
またの、訪問を期待しています!
2007/01/13(土) 09:19 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コンニチハ♪コメ&応援ありがとうございました(o^∇^o)
蜂の世界って奥深いんですねぇ!
頑張ってくださいね!!
アタシも、応援して帰ります☆
2007/01/13(土) 18:02 | URL | *ミーヤン #-[ 編集]
そう、蜂もだけど、何事も解れば解るほど奥が深い・・です!
人生一生勉強です、
励みになります、また来てください!
応援ありがとう、
2007/01/13(土) 22:03 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/188-aec48d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。