蜜蜂の越冬準備 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖地と言われる我が地方も、冬の気配がして来ました、
今日、越冬準備の第一段階の処置、巣門を2cm程度の幅に狭くしました、
これは、寒さと盗蜜の予防になります!


それと、巣箱下からの寒さ対策に、台にしているブロックの上に板を敷いた!・・・本日はこれだけ、

越冬方法


外気の影響から蜂群れを守る為に、巣箱に保温用の包装をするのが普通です、
我が地方は、巣門を狭めただけで越冬出来た経験もあるが、安全の為に包装をします、
包装は保温の以外にも日光の直射を遮り、巣箱に外気の寒暖影響を緩和することにより、内部の蜂球温を一定に保ち、出来るだけ平静に保つ働きがあります。
私は行っていないが、分割板の外側の隙間を埋める、藁、籾殻(袋詰)で詰めれば、更に効果が大です、

巣箱への寒気を防ぐ為に、周囲をワラ等で包装する、尚、これが雨等で塗れない処置を行うこと、

プラスチックの箱を作って、巣箱をすっぽり被せて行ったこともあります、・・蜂の出入りを作ることを忘れずに!
それと、黒いゴミ袋(ビニール)で巣箱を包装するのも効果があります、


包装に関して、注意することがあります、
巣箱の湿気を極力予防しなければならない、(寒地の重装備の包装する場合は、防湿と換気に注意を払うことが重要です)

尚、冬の期間も巣箱の見回りは欠かさないことです。北風の被害を受けていないか?巣門をふさがれていないか?等・・・また、暖地では蜜蜂の出入りの様子を確認します。


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
愛されていますね~♪みつばちさんvvv

本当に、雨の後なんか、凍りそうですものね~・・。

それでも、蜜を厚めに毎日ミツバチさんはがんばっているんですね~・・・偉い・・。
2006/12/04(月) 10:32 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
せめて、蜜蜂だけでも恋人のように愛情こめて接しています!

しかし、怒って刺しに来る時がある、うん、女性と同じ怒らせないことです♪
懸命に働いているので・・許すよ!
2006/12/04(月) 19:00 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/163-6b009108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。