在来種蜜蜂 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RIMG6697.jpg

↑四万十川(河口から4㎞)です、
在来種蜜蜂(本州北限まで生息)は、山蜂、和蜂・地蜂と呼んでいる蜂は、東洋ミツバチの1亜種である日本ミツバチです、養蜂業で飼育しているのは、ほとんど西洋ミツバチ(イタリアン種系)です、

日本ミツバチは、おとなしくて、病気に強い、そして暑さ寒さに強く、オオスズメバチの攻撃にも防御の術を持っている、また、生命力、群の回復力は西洋ミツバチよりも各段に優れているのに!
なぜ養蜂業に向かないのか、弱点があるからです、逃去癖がある(居心地が悪くなれば直ぐ逃げ出す)貯蜜力が弱く採蜜は1~2回が限度である、
スムシ(蛾の幼虫)に弱くて、これも逃げ出す要因です、
蜂蜜は、色々な花蜜が混ざって(百花蜜)こくのある味わい深い蜜が採れる、西洋ミツバチの蜂蜜より高価で売られています、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今日はブログにコメントありがとうございました。
これからブログの中見てきますね
良かったらまた遊びに来てくださいね
2006/04/17(月) 21:59 | URL | みのり #e3.EtDHA[ 編集]
再び来てくれたんですね、ありがとう、まだまだ、未整備のブログですが、手探りで発展していく予定ですので、協力お願い致します、
2006/04/17(月) 22:09 | URL | bee83 #-[ 編集]
日本の四季のように、デリケートで繊細でたくましいのかも~?

蜂は巨大社会の歯車みたいな生き方するのかと思っていましたgあ、日本のミツバチは、自分のペースを持っているみたいで、なんだか嬉しいかも♪
2006/08/15(火) 02:15 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/13-0842de8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。