瓢箪仕上げ、 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水漬けで中身を取り出した瓢箪を,やっと仕上げました、

乾燥して、カシューを塗って・・また乾燥です、

瓢箪乾燥   瓢箪,カシュー

製品に仕上げ方法は、私の行っているのは、カシューを塗って、それを垂らして模様を付ける、単純な方法です、
仕上がれば、写真のような感じに仕上がります、

瓢箪,完成  瓢箪,製品

拡大して,見ていただければ光栄です!

ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
bee83さん

素晴らしい仕上がりですね~~~!!!

☆☆☆☆☆芸術品☆☆☆☆☆

色艶がまた、

一つ一つが自然の妙として出来上がるんですね~!


ところで、「カシュー」って、なんですか?お色の名前?

このお色は、どんな染料なのでしょう?
2006/10/08(日) 21:29 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
1) カシュー塗料
  西インドなどに産するカシューの木の皮からとれる樹脂を主成分とする塗料である。

<特徴> a 塗膜は非常に硬く、強靱で優美、しかも弾力に富んでいる。
b 光沢は、他種の塗料の追随を許さない。
c 密着力が強く、耐水、耐熱、耐油、耐溶剤性に富んでいる。
d 自然乾燥でも、焼付けと等しい堅牢塗膜が得られる。
e 使用法は簡単で、刷毛、スプレー等のいずれでも溶剤を替えただけで優美な塗膜ができる。

<使用法> a 刷毛塗りの場合は、カシューシンナー(カシュー薄め液)で適度に薄めて使用する。
(通常、15~25%位が適当。立面塗装と平面塗装では、自らその濃度は異なる。)
b 瓢箪に塗る場合は、立面塗装が多いので、うすめ過ぎると流れる。
c 自然乾燥の場合、室温20℃で指触乾燥で3~4時間、硬化乾燥で12~15時間。
(濃度にも関係するが、研ぎ出し瓢の場合は、24時間を確保した方が無難である。)
上記は、あるHPからの転記です、
2006/10/08(日) 22:36 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
でも、漆のなかまなら、着色の際に、かぶれたりはなさらないんですか?

乾くまで、においとかもあるんですか?

こんなにきれいなコーティングがある何tえ、初めて拝見させていただきました♪♪♪
2006/10/09(月) 18:35 | URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
そうだね、漆はかぶれると言われるね、
私は、素手で行いました、手にも足にも(素足で草履)・・も付いたけど、何の変化も無い、大丈夫です、
面の皮も厚いけど、手足も丈夫に出来てる!
匂いは、屋外での作業だから、全くなしでした、
薄め液で薄める度合いが微妙難しいです!
2006/10/09(月) 19:14 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
ひょうたんがさかさまにつるしてあるところを見てみたい!!!
2006/10/13(金) 10:51 | URL | さくら #u2lyCPR2[ 編集]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
2013/02/09(土) 14:04 | URL | 投資の勉強 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/124-357909f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。