ノゼマ病(蜜蜂の病気) | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂の病気も数あるが、伝染するので注意が必要です!

ノゼマ病

病原体は原生動物のノゼマ・アピスです、
これは、発生する過程において強力な抵抗力を持つ卵形の胞子を形成する、蜜蜂はこの胞子に汚染された物を食べて感染します、
胞子は成蜂の消化器官内で分裂し増殖します、そして、糞と共に排出されて、撒き散らされ感染が拡大します、



症状
この病気は,早春に発生が見られます、
重症になれば蜂群は元気を失い弱体化するので、発見も容易だが、軽症の場合は見落とすことが多々あるでしょう、
糞がたまる為腹部が膨れて油染みた光沢が見られる、また元気が無く飛ぶ力もない為、巣門前の地面を這い回っています、
内蔵は白色で膨張している(健康蜂の胃は黄色みを帯びた赤褐色)

発病の原因越冬と関係があって、南の地方の暖かい地域ではこの病気の発生はきわめて少ない(我が地方も含む)
北海道、東北地方のような越冬期間が長い地方では発生の確率が多いので注意です、
また、巣箱内の湿潤、希薄な糖液の給餌、酸敗蜜の投与等も原因とされていますので、秋に行う越冬用の給餌にも注意を払う必要があります、
この病気は、気温の上昇に伴い下火になります、
ノゼマ・ピアスは気温が低くても高くても繁殖は困難と言われています、

その療法1対1の砂糖液に3ccの石炭酸を混ぜたものを、蜜蜂に与える方法が有効とされています、
流蜜期では臭いを嫌って蜜蜂が食べないので、早春の無蜜期に行うことが必要です。1回で全治しないので2~3回繰り返すことが必要です、
また、薬剤治療として、抗性物質での療法もあるようです。

ランキング参加中です、幸せを呼び込むポチッ(クリック)応援を★⌒(@^-゜@)v ヨロシクネ♪泣いて喜びます♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近、母たま家近辺、スズメバチが大発生してるんですよ~!(;□;)!!
怖い~~!母たま菜園のトマトも食い荒らされちゃって!
後、シマシマの黒いハチもしつこくまとわり付いてくる!
毎日ハチに脅えています(T.T)
先生!一つ質問です!スズメはハチも食べるんですか?・・・応援して帰ります。
2006/09/13(水) 06:27 | URL | お母たま #-[ 編集]
スズメバチに刺されないように、
でも、巣を離れて餌を探している時は、静かに見守っている限り攻撃してくることはないよ、
でも、怖いよねv-40
スズメバチは、霜の降りる季節まで注意です、

スズメ?鳥の雀かな?ツバメのように空中で獲物を捕獲する能力はないと思われます、また、地上でも生きた蜂も捕らえることが出来ないでしょう!
応援、ありがとう、またの訪問を待っています
v-119
2006/09/13(水) 11:37 | URL | bee83 #US7Is6OM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bee83shizen.blog41.fc2.com/tb.php/104-bb14381f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。