自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年分蜂した日本ミツバチの飼育箱です、
昨年までは、重箱式(3段・4段・5段)と縦長の箱だけの飼育できたが、
今年は、巣枠式に挑戦です。
丸太の巣箱(丸胴)は、作っていないがいずれ挑戦する予定です。
この巣箱は、ミツバチにとっては最も自然の状態なのだが、重くて移動や内検が重労働となるります。

この写真は、横型の巣枠式です、
巣箱は西洋蜜蜂の輸送箱(7枚用)を利用しています。これならば西洋蜜蜂の巣枠を使えるので、特に問題はありませんが、巣脾は西洋蜜蜂で使用したものは巣房が少し大きいので、蜜蜂にとっては違和感があるかもしれませんが、特別な支障もなく受け入れて、現在は正常な育児を行っています。

もちろんスムシ対策として、巣箱の底板は外して受け台に乗せています。
下の台は地面に直接設置して、巣箱の下部との境には網を取り付けています。小さな巣屑は落ちる程度の網目です(この部分の詳細写真は、近日報告します)
 横巣枠式巣箱(西洋蜜蜂用)

縦型の巣枠式巣箱です。
西洋蜜蜂の巣枠を縦にした寸法に作っています。底板は引き出して掃除できる構造です。
 縦型巣枠巣箱

この巣箱に入れる給餌器です。深くなると蜂の負担が増すので2段にしています。
給餌器 縦型2段給餌器(完成)

西洋蜜蜂の巣脾枠管理、スムシの食害、カビ防止等の為、取り出して乾燥しました。
 巣脾枠カビ防止

☆・・・縦型、横巣箱、丸胴等の巣箱の構造や寸法など、解り易く書いています。
日本ミツバチの飼育するには、一冊は欲しい本です。
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
スポンサーサイト
人工分蜂とは、字のとおり人の手で群れを分割することです。
今年は、1群で再スタートしたので、採蜜を犠牲にして、群れを増やすことにしました。
この時期は、ミカン等花が咲いているので好都合です。

本来、女王蜂を含んだ巣脾枠(育児枠)2枚程新しい巣箱に移し、これに巣脾枠1~2枚追加して、分割群れとするのですが、何度見ても女王蜂が見当たらなかったので、非常手段として、王台付きの巣脾枠で、分割群れとしました。

この方法は、一度巣箱から出た蜜蜂は、元巣箱に戻るので分割した巣脾から新蜂が誕生して、外役蜂となるまでの間心配です。
また、新女王蜂も巧く誕生し、交尾を終えて産卵するまで安心出来ません。

本巣箱は、分蜂熱を促すために密集させていた結果・・・簡単に蓋が開けれない渋滞になっていましたが、予定とおり王台は作っていた。

蓋が開かれない原因は、このムダ巣です。蓋と巣枠の間にムダ巣で繋がっているいる状態となっていました。
 ムダ巣

左が分割群れです。
分割して、今日で5日目・・・3日目までは殆ど出入りの蜂は見られなかったが、4日目に時騒ぎがあり、この後30匹/分程度出入りが見られた、
第1段階は乗り越えたようです。・・正常な活動の群れとなったので、一安心です。
 分割巣箱、日除け
 
巣箱の周囲に作っている構造物は、夏の暑さ予防対策用です。
巣箱の置場は、落葉樹の下で日陰になる場所が理想ですが。畑に置いているので、日除けを作ります。

★・・・この本にも、分蜂のことが書かれています・・・☆
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
金綾辺は日本ミツバチが興味を示して、集まる不思議な花です。
中国南部が原産の東洋ランの一種です。葉の姿は小型のシンピジュウムと似ています。

花だけでなく葉柄も楽しむことが出来る育てやすい蘭です。
しかし、一般の花屋の店頭で見かけることは、殆ど無いようですね!

東洋ランの性質(基本)

1、直射日光は好まないが、柔らかい朝日は好いです。
2、寒さに比較的強い。
3、過肥及び濃肥料は禁止します。
4、風通しのよう環境を好み、蒸れる場所は不適当。
5、水は充分にやり、乾かして育てる。


金綾辺またの名を日本ミツバチ誘引花、日本ミツバチは集まるが不思議なことに西洋蜜蜂は興味が無いようです。
また、人間もこの花の匂いは感じることが出来ません、日本ミツバチの女王蜂が発するフェロモンと同じような物質が発散されているのかもしれない?

これが、今日日本ミツバチの分蜂群が集まった状態です、これならば収容し易い!
  菌綾辺に群がった分蜂群

金綾辺の置場(一部寒蘭の鉢もあります)です、中央部付近の鉢に集結している。
  金綾辺

1回目の収容・・・網に入れている蜜蜂の中に蜂王を取り込んでいるならば、残った蜂もこの網に集まります。
 収容した蜜蜂

収容後に、再度花に群がった蜜蜂です。花に集まっていたことがよく解るでしょう。
  残った蜜蜂


☆・・・参考になる本の内容です。・・・★
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
ハチはなぜ大量死したのかハチはなぜ大量死したのか
(2009/01/27)
ローワン・ジェイコブセン

商品詳細を見る
悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」―ミツバチが消えた「沈黙の夏」悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」―ミツバチが消えた「沈黙の夏」
(2008/05)
船瀬 俊介

商品詳細を見る

我が地域最大の蜜源植物の蜜柑の花が咲き始めました。
この花は、香りを辺り一面に漂わせています。好い匂いです。
蜂蜜となれば、高級な蜜が採れます。
しかし、今年は西洋蜜蜂の飼育巣箱が少な過ぎるので、・・・蜂蜜多くは期待出来ないせん。
日本ミツバチは、7群いるが採蜜能力が劣るので純粋なミカン蜂蜜としては、採蜜が困難です。
百花蜜となる。

毎年繰り返しですが、蜜柑の花。
蜜柑

拡大すると。
蜜柑の花

おまけの写真、
この花は、何の花でしょう・・・?
?・・・花

ヒント
花壇では見かけないと思います。 
[蜜柑の開花]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。