自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂のダニといえば、体長が1.2mm、体幅1.8mm程のミツバチヘギイタダニと言えます。

これ以外に、このダニの大きさの1/10程度のダニもいます。
幸い、日本では発生していないようでが、成蜂の病気の内で最も被害を受けるダニ病です。
このダニは、古く1904年イギリスのワイト島で発生したダニによる蜂病から、ワイト島病と呼ばれていたようです。
このダニは、交尾を終えた雌ダニが、蜜蜂の胸部の気門から気管内に侵入して、卵を産み付けることから始まります。
卵が孵化して、気管の壁を食い破って栄養を吸い取り成長します。こうなると蜜蜂は、呼吸困難になったり、神経が麻痺したりして活動に支障が生じ死に至ります。

このダニ病の感染は、病蜂が他の蜂群れに迷い込んだり、健全群れの働き蜂が病群れの中に盗蜜などで入ったりして伝染します。
ダニは蜜蜂が死んだり気管内がダニで溢れるようになってくると、体外に出て他の蜜蜂が近くを通り触れると、この蜜蜂に移ります。但し日齢9日以後のミツバチには、気門周囲の毛が固いので侵入は不成功となるようです。
療法としては、有蓋蜂児隔離法と薬剤療法があるようですが、日本で発生していないようなので省略します。

最初に書いた、ミツバチヘキイタダニがの被害対策が重要でしょう。

このダニは、蜜蜂の体内に侵入はしないが、蜂児と成蜂に寄生して体液を吸うだけですが、一匹の蜜蜂に20匹も寄生して、群れを全滅させる程の被害を与えることがあります。(ダニが寄生した群れは、著しく弱体化してきます)

駆除は、ミツバチの数が比較的少ない秋が適していると言われています。
尚、ダニはよく見ると肉眼でも確認できるが、5~10倍程度のルーペで、ミツバチの腹部を調べる方が好いと思われます。
5匹調べて1~2匹にダニの寄生が見つかれば、重症の部類と判断すべきです。
一般にダニが最も多く見られるのは12月~翌年5月頃までです。


駆除は、以前は燻煙(薬剤)で行っていたようですが、最近は、短冊状の形で巣脾枠の間に吊るすだけで駆除できる駆除薬(アピスタン)が販売されています。

ダニで、蜂群れが全滅となるケースも発生するので、秋のダニ駆除は毎年実施するようにすれば、安心出来ます。
秋にダニの駆除を行わなかった場合は、越冬の失敗、春先の群勢が著しく阻害されます。
尚、日本ミツバチは、ダニに強いので、心配無用です。


スポンサーサイト
夏ならば、一週間程で中身が抜けるのだが、気温が下がってきたこの時期は長くかかっています。

水に漬けて2週間後、瓢箪を水から上げて振ると、このようにドロドロ状で種と一緒に出てきます。
今回は、3回目の中身出しです。中身は殆ど無くなりました。
この作業の時、異臭が漂います。
 中身抜き

中身を全て取り出したから、灰汁抜きの為に清水の中に漬けます、この時水を数回交換して、水が汚れなくなれば、取り出して乾燥に移ります。
  水浸け状況
表面の薄皮も剥げ落ち、完了間近となっていますが、天気が雨の予報なので、晴れてから天日乾燥する予定です。

 
とことん楽しむヘチマ・ヒョウタン (がぁでんぶっくす)とことん楽しむヘチマ・ヒョウタン (がぁでんぶっくす)
(2002/03)
堀 保男

商品詳細を見る
図解 これからはひょうたんがおもしろい―こだわり園芸に最適な素材 いざチャレンジ!ひょうたん名人 (おもしろ選書)図解 これからはひょうたんがおもしろい―こだわり園芸に最適な素材 いざチャレンジ!ひょうたん名人 (おもしろ選書)
(2003/05)
中村 賀昭

商品詳細を見る
ひょうたん・へちま―栽培から加工までひょうたん・へちま―栽培から加工まで
(2000/03)
森 義夫

商品詳細を見る


秋のこの季節は、蜜蜂を襲いに来るスズメバチに悩まされます。
特に、西洋蜜蜂は防御の術が劣っているので、予防を実施していないと皆殺しにあい、全滅となります。
怖いのは、集団で攻撃してくるオオスズメバチです。

今年は、前日の記事書いたとおり、この心配不要の事態となっている吾輩だが・・!

日本ミツバチの巣箱に取り付けている、スズメバチ予防器です。
スズメバチ予防器 予防器

予防器だから、スズメバチの巣箱に侵入するのを防御するだけですが、日本ミツバチはこれで充分守れます。捕獲器を取り付ければ駆除は出きるが、巣門に侵入を防ぐ器具を取り付けなければならない、(構造状、不要の場合もあります)
予防器の上で蜜蜂が、スズメバチを熱殺しています。蜜蜂がもっと群がっていたのですが、スズメバチの姿が見えないので、少なくしています。
 スズメバチ予防器

拡大してみると、解りやすいですね。致死温度が僅かに違うので、ミツバチはこの芸当が出来るのです。
 熱殺(キイロスズメバチ)
 
★、養蜂の勉強は、この本が適しています。
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
(2000/04)
藤原 誠太村上 正

商品詳細を見る
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
長い間、ご無沙汰していました。申し訳ない!

今年越夏結果(西洋蜜蜂)に、大きな誤算が生じてしまいました。これも一つの要因ですが、他に忙しい時期でもあったから、記事を更新する意欲が失せていました、
だが、これではいけないと、思い直し、気持ちを新たにしてブログに向かいます。
失敗の記事は、蜜蜂を飼育している人にとって、参考になるのだろうと考えが変わりました!


今年の流蜜期に、蜂群(巣箱)が多く、貯蜜が増えない結果となり、蜜源となる植物不足が明らかになったので、巣箱を整理(飼育群れを少なくする1/3程度に)する予定です・・・と以前の記事に書きました。
これを、実行すべく越夏対策を手抜きして自然淘汰で減るだろうという状態で、推移させていましたが、想像以上に蜜蜂の減少が進行し、これではダメだと、7月下旬に気付き、手当(給餌等)を行いましたが、時すでに遅く、手遅れになっていたようです。
尚、この時点では、継箱をあげている巣箱で蜂数もかなりの数なので、少しは楽観していました。

しかし、8月下旬~9月になっても回復出来ず、合同させるにも心細い群れとなったので、思い切って全群の処分を実施!(自然巣飼育で何年も、経過していた巣群れもダメになったので、何か病気があるといけないので、決心しました)
このようなことは、飼育の開始から、今まで無かったことです!

最大の要因は、自然淘汰で優秀な群れは残るだろうと、安易な考えを持っていたことです。

考えられる原因は、梅雨も早く明けて酷暑の時期となり産卵が止まった為、長い夏蜜蜂が越せなく秋の産卵時期までに、蜜蜂の寿命が尽きたことが考えられる。
予防対策として、梅雨末期に給餌して産卵を促していればこうゆう事態にならなかった気がします。
他には、病気(症状は何も見当たらないが)ダニの影響などが、考えられます!

新たに、また開始します、今後もよろしく、お願い致します!

尚、日本蜜蜂(7群)は、なんら異常なく、健全な群れで推移しています。

9月上旬の、スズメバチ対策をしている状況です。
捕獲器 予防器+捕獲器

自然巣(日本蜜蜂用巣箱)で飼育していた全滅の痕です。これは、木陰に置いていたので越夏は大丈夫と楽観していた群れでした。
自然巣

巣脾枠を乾燥している状態です(保管が大変だ~)
右、スムシの被害を受けた巣脾を取り除いた巣枠です・・・多く発生(この片付けも大変)
巣脾枠乾燥 巣枠(巣脾除去)
久しぶりの記事の更新です。
ミツバチの飼育大失敗・・・・・、この件は次の機会に報告します。
今回は、瓢箪の収穫をしたので、この記事です(毎年、同じだけど・・・)

まず収穫前の状態です、瓢箪は完全に熟していないと中身を抜く時に、必ず割れるのでこのように蔓が枯れるまで置いておけば安心できます。
完熟すれば、ひょうたんの表面が白ぽくなり、叩けばカンカンと固い音が出ます。
 瓢箪(収穫前)

収穫した瓢箪です、出来栄えは小さくて満足出来ないが、手抜き栽培だから仕方ない、
右の写真は、中身を抜くために穴開けです。
収穫 瓢箪削孔

ドリルの先を、ひょうたんの大きさに合わせて開けます、大きいほど種等が出やすいので中身を抜くのは楽だけど、仕上げを考えてバランス良くします。
   瓢箪、穴開け

穴を開け、棒などで中身をほぐすと早く中身がドロドロになります。気温が高い時期ならば早いが、この時期は一週間以上かかる。さっそく水の中に漬けます。
   水浸け

水の中に入れただけでは浮いてくるので、このように錘で沈めます。
尚、日にちが経過すると臭いを発生するので、周囲に迷惑にならないように注意です。
田舎の我が家では、その心配は不要です。匂いをまき散らしても苦情が生じることは無い!
   水浸け、重り

★・・・参考になる解説書です・・↓
ひょうたん・へちま―栽培から加工までひょうたん・へちま―栽培から加工まで
(2000/03)
森 義夫

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。