自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂は生き物です、日々の管理が大切です。

日本蜜蜂は、巣箱の中はそんなに神経質にならなくても良いが(但し、スムシ対策は怠らないようにします)西洋蜜蜂は、無管理状態で飼育していると、全滅となる確率が高くなります!

私は、昨年の春から1群だけ日本蜜蜂用の巣箱で(箱型<自然巣>)、給餌もせず、また何も管理せずに昨年から飼育しているが、越冬も問題なく経過し、現在は強群となっています。
尚、採蜜は行っていません!
巣枠飼いで、管理を行わなければ、全滅となっていることだろう。継続して比較してみる価値がありそうです!

蜂群の管理の基本は、毎日、巣箱を見回ることです。
巣箱の傍に立つだけでも、毎日続けていれば、ある程度のことは、解るようになります。
例えば、巣箱内の羽音状態、蜜蜂の出入りの数(天候によって変化がある)、多ければ強群、少なければ弱群れと判断できる。

花粉を付けて帰る蜂が多いと、育児が順調に行われていると判断出来る。
巣門付近の状況に異常がないか?死に蜂や巣クズ等が産卵していないか?・・・等々!
時間があるときは、何度でも見回っていると、変化があると直気が付、最適な対応が出来るようになります!

夏の時期は、巣箱周辺にもクモの巣も多く見られるので見つけ次第取除きましょう。
蛙も梅雨時はよく居ます、ムカデも湿気があると居るので、これも駆除します日本蜜蜂は、ムカデに侵入され逃去となるケースも生じることもあります。
弱群では、ゴキブリが巣箱の中に入ることが多々あります。これも好ましい状態ではない。
そして、夏の終わりごろからは、最大の外敵のスズメバチ対策が必要になります!

蜜蜂は、愛情を持って飼育しましょう!


日本ミツバチ―在来種養蜂の実際日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
(2000/04)
藤原 誠太、村上 正 他

商品詳細を見る

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
スポンサーサイト
向日葵(ひまわり)は梅雨時期の、この時期から夏までの貴重な花粉源ですが、花壇に植えている程度だから、焼け石に水の如しです!
梅雨時期は、湿度が高いので、蜜蜂の飼育管理には留意ましょう!

今月始めは、サンゴジュの花が咲いていたので、これに盛んに訪花していました。
これも終わり、花が少ない季節に向かっている。
これから咲くハゼの木の花が、役立つだろう・・!


補助蜜源、花粉源となる、畑の作物も無視できません。

雨の止んだ数時間、この間にまだ開花して時間が経っていないで、花粉も充分でない向日葵に訪花している蜜蜂です!
  向日葵、ミツバチ


西洋蜜蜂です。
  ひまわり、蜜蜂
しばらく猫は、飼っていなかったが、子猫が生まれて困っていた人がいたから、貰ってきました!

名前は、まだ無い、
以前、十数年も飼育していた猫に、名前付けていなかったそうだが、このご主人、私に名前くれるのかな?(猫の声)
ボールで遊んでいるのに、シャッターチャンス・・遅れてるよ!・・・ニャー
 子猫


これは、まずまずだけど、フレーミングが良くないよ!
 子猫


ちょっと、澄ましたポーズです・・・!言い忘れたけど、私、女の子ですよ!
 子猫

と・いうことで、ペットが追加となりました。生後、50日足らずで、いたずらばかりしています!
我が肢は、引っ掻き傷ばかり出来ている、

付 録

容器に入れた、ハチミツです!これは、知り合いに分配する予定です。
皆さんに、お分けする量が無いのが、残念です!
 蜂蜜

養蜂業として飼われているのは、殆ど西洋蜜蜂です。

日本では、外来種になるが、元々はアフリカの在来種といえるでしょう!現在飼育されている西洋蜜蜂は、長い年月をかけて品種改良によってつくられた蜜蜂です。

ここで言う在来種は、日本蜜蜂のことをいいます。
西洋蜜蜂に欠けている、優れた面も持っています、病気や外敵(スズメバチの防御)に対して強い、これは、飼育に関して非常に好ましいことです。


同じ、日本蜜蜂でも、地域によって体格の大きい蜂や、巣をかじりにくいもの、おとなしいもの、体の色が薄いもの、掃除を好くするもの、そして日本蜜蜂の欠点といわれている定着率の差・・など特徴があるので、これらの改良を加えて優れた蜂つくりは、将来的に課題の一つでしょう。

将来は、現在の優れた長所を持っている日本蜜蜂に、更に貯蜜能力が優れた育種が誕生して、日本蜜蜂の蜂蜜生産量が増大する可能性があります。
そして、刺さない蜜蜂の種類がが出来れば、理想的ですね!


日本ミツバチ―在来種養蜂の実際日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
(2000/04)
藤原 誠太、村上 正 他

商品詳細を見る
蜜源となる植物にも、蜜流が多い表年と、少ないウラ年があります。

アカシア・トチ、クリ・蜜柑等の木本蜜源には、表とウラ年が生じます。これは一年おきにしか、大蜜流
がやって来ないことを意味します。

また、天候の影響にも左右されます。雨や曇りの日が続くと、表年であっても蜜蜂は、蜜を集めることが出来ないので、採蜜量がガタ減りします。

流蜜のウラ表は、果実の成り具合の豊凶に一致します。
一つの蜜源植物のウラ表は、山系や流域が同じならば、これに準じるのが普通ですが、柿などのように、隣の地域とウラ表が逆な場合もあるので、簡単に判断することは注意を要します。

その年の、蕾や花のつきの状態である程度判断できます。
花付極端に悪ければ、ウラ年と思って間違いない、また、花が多くても花に生気がなく、干からびた印象が感じられるようであれば、流蜜は少ないと判断すべきです!


開花時期も、年によって著しく変わる場合があるので、これも計算に入れて、ミツバチの管理を行う必要があります。
しかし、日本蜜蜂のように採蜜を、年1回しか行わない飼育では、流蜜時期を神経質に考えることは不要でしょう!

ランキング,下降気味です,応援ポチッ☆ヽ(▽⌒)よろしく♪飛び上がって喜びます・・♪    

こちらも,('-'*)ヨロシク♪ 【人気blogランキング】

★・・・この本の発行後には、新刊は無いようです。(養蜂書)この本は私も持っていますが、大変役立っています。蜜蜂の飼育方法などの内容が解りやすく書かれています。

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
(1997/03)
角田 公次

商品詳細を見る
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
(2000/04)
藤原 誠太、村上 正 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。