自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蜂にとっては、過酷な季節がやってきました!
徹底した内検と、給餌で乗り切ろう!


例年ならば,梅雨の季節なのに、先週から最高気温30℃を越えています!
木陰でない置場となっている巣箱に、簡単な日除けを取り付けました、
これでは,真夏時期は不十分だが、まだ.梅雨明けしていないので、曇りや雨の日が続く事があるでしょう!
湿気にも配慮して病気にならないようにも気をつけることを忘れないようにしよう、
巣箱日除け


直射日光を避ける工夫も重要な事です、巣箱置場が木陰ならば申し分ないが、炎天下となる場所は、巣箱の上部に屋根を付けて日除けをするか、巣箱の上部を(空間を確保)日除けとなる物で覆い、巣内が高温となるのを防ぎましょう!

まもなく、連日30℃を越す高温の時期と成り、蜜源となる花も少なくなり、花粉も不足してきます、産卵も減少(止まる)し蜜蜂の数も一時的に少なくなる、
この時期は、時々内検して、蜜や花粉が不足すれば、給餌します!

また、夏は冷夏と言われる年もあるので、(日本は南北に長いので、このような地方も発生する)雨が多い場合は給餌します、蜜蜂は餌を無駄にすることはありません、常に産卵育児をさせて若蜂を確保しておくことが大切です!

私の地方は、越冬より越夏管理が重要(困難)です、愛蜂に愛情を注ぎこの暑い夏を乗り切ります!

尚、日本蜜蜂は、貯蜜が少ない群れは、逃去の恐れが生じるの注意が大切です!


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
ハチミツは、強い殺菌力があるので、腐らないと言われていますが、
糖度の低い(水分の割合が多い)蜂蜜は、発酵します!


普通・・・2年間が賞味期限として売られています!
冷蔵庫に入れて保存するのは、白く結晶するので、お勧めできません!
蜂蜜の結晶の度合いは、蜜源となっている花により異なります、

結晶の状態になっても、品質は変化していないので、大丈夫、食べれます、
尚、ザラザラとした食感があって、好む人もいるようです!
結晶は、60度以内のお湯の中に容器ごと入れて、溶かすことが出来ます!(別記事で、詳しく書いています)

また、蜂蜜は、熱、振動、光に弱いので、賞味期限の2年間でも品質は低下してきます、この為、開封後はなるべく早く食べる方が、賢い方法です!

生ローヤルゼリーの賞味期限は、未開封で1年間程度、開封後は、3ヶ月以内でしょう!・・・!

いずれも、製品のラベルに書いている注意書きを、詳しく読んで利用することが、大切です!

ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
一般的に、蜂=刺す・・・こう思われているようだが、普通の状態では刺しません!怖い昆虫ではないが、習性を知らなければ怖い存在となるのが自然かな!

夏から秋の季節、身近に蜂の巣が見られるようになる、さて、これを駆除するとなれば・・・如何しよう??・・となるでしょう!
駆除の方法は、蜂の種類で違ってきます!

1、アシナガバチ 
 軒下や庭の植木、野原の草木等に巣を作ります、攻撃性はあまり強くないので、こちらから手出しをしなければ刺されることはまず無いでしょう、巣に近づいても大丈夫です!
但し、巣に不用意に危害を加えると襲ってくるので注意です!見つけた場合、専門業者に依頼するのも一つの方法ですが、一般に売られている殺虫剤を吹き付ければ簡単に殺傷出来ます!3m以上飛スプレー式が便利です! 巣を取除いた後に、蜂が周りを飛んでいても、自然に居なくなります、また、同じ場所に巣作りを始めれば、殺虫剤を吹き付ければ防止効果があります!
尚、駆除する場合は、刺されない為の防護服装を着用するのを忘れずにしよう!

2、スズメバチ類
 この種類の蜂は、巣に近づいただけで攻撃してきます(特に、オオスズメバチ)毒も強いので、原則として、専門業者に依頼するのが賢明でしょう、(市役所等で手配してくれるでしょう)しかし、駆除代はあまり安くないようです!
 自分で駆除する場合は、夜間(昼間は外に出ている蜂が居る)に完全防備姿で巣の出入り口から殺虫剤等を吹込み、蜂を殺します、意外と薬剤には弱いですよ、
尚、巣を採るのは蜂が完全に死んでいるのを確認してから行いましょう!
巣は、1年の使い捨てだから、霜の降りる季節になると巣の中は空に成ります!

3、ミツバチ 
蜂類の中では、一番おとなしい種なので、巣を攻撃したり、手で触らなければ、殆ど刺されないでしょう、しかし、気温、天気等で不機嫌な時があるので、巣の近くで物音を立てれば攻撃してくる場合もあるので注意しましょう!蜂毒はあまり強くなが、刺されれば腫れることは避けれない!
自分で駆除する場合は、栄巣場所にもよるが、巣を落せば蜜で汚れるので配慮が必要です!か弱いミツバチですが、殺虫剤に対しては、スズメバチやアシナガバチより強い感じがします!
また、蜂の数もアシナガバチ等に比べると格段多いのでこの対策も忘れないように・・・! 刺されないように服装等を整えるのは、前記の蜂と同じです、
 この巣も。専門家に依頼する方が良いでしょう!

日本国内には、約3000種の蜂が生息しているそうです、この中の代表的な蜂が前記の種類です、スズメバチは攻撃性が強いので.家の近くに巣を作り出したら早めに駆除した方がいいでしょう、
アシナガバチは、樹木害虫の毛虫を捕食します、また蜜蜂は植物の受粉の働きをします、攻撃性は少ないの、実害が生じない状況ならば、駆除の必要はないでしょう!


尚、我方は、駆除中に刺される被害が生じても責任は持てないよ・・・(念の為!)


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
蜜蜂の害敵は巣箱の中や屋外に多数います、
最大の被害を受けるオオスズメバチから、スムシ(ハチミツガの幼虫)熊(我が地方には居ない)ダニ、ハチジラミ(ミツバチシラミバエ)蜘蛛、カエル、アブ、トンボ,カマキリ、ゴキブリ、蟻、そしてツバメ等肉食小禽類も被害を与えます!

別格として、ハツカネズミも越冬期の蜜蜂に害を与える事もあるようです!

今の季節、が巣箱の周りを這い回っているが、弱小群に対しては、貯蜜を奪ったり蜂児に害が生じる場合があるが、このような群れを飼育しているのが問題なので、強群れを飼育している場合は、実害は生じません!

蜘蛛は大きく分けて2種となります、這い回って蜜蜂を捕食する蜘蛛と、蜘蛛の巣(網)を張って、飛行中の蜜蜂を捕える蜘蛛です、
巣箱近くの蜘蛛は駆除する必要があるが、遠くは如何しようもありません!

カエルも巣門前でで待ち構えて、蜜蜂を捕獲しています、今の梅雨時期はアマガエルをよく見かけます、カエルの身体が小さいので、被害は少ないだろう!、しかし、ヒキガエルのような大型となると軽視出来ません、見つけ次第捕殺するのが賢明です、
被害を防ぐ上でも、巣箱周囲は清潔に保ち、雑草があれば刈取りします!

トンボも大群で、巣箱周囲に飛来して乱舞する時があるが、何せ空中飛行・・・、防御の為にトンボを一匹ずつ捕殺して・・効果が定かではない?また、現在でも、巣箱前で待機しているシオカラトンボが居ます、また、夏の夕方になれば、オニヤンマが巣箱周辺を一定場所を往復飛行して、捕食している姿が見られます!

カマキリも、巣門で待ち構えて蜜蜂を捕食するので、見つけしだい駆除する方がいいでしょう!

被害に合う数よりも、生まれてくる蜂児が多ければ、強群で維持できます!

その他、スズメバチ等の害敵は、その季節になれば記事にします!


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
日本蜜蜂の採蜜・・・これは地域により流蜜花の種類・量や開花時期が違うので、この時期が適していると断定は出来ない、また飼育方法、巣枠飼いと自然巣状態の飼育でも採蜜時期は異なります、

一般に、春採り・夏採り・秋採りが行われています、
但し、飼育管理の記録を残し、自分の飼育に合った採蜜時期をみつけることが、重要です!

春採り
春の花が次々と咲くので、採蜜しすぎて餌不足で失敗する事は生じない、しかし、この時期は繁殖期に向かって育児が盛んなので、蜂に害が生じる採り方は避けるべきです、
出来るならば、採蜜は避けたほうが賢明です!

夏採り
初夏の5~月は、西洋蜜蜂は一番の採蜜時期になります、日本蜜蜂も巣枠を使用して飼育している群れは、流蜜に合わせて2回は採れるでしょう!但し、貯蜜と育児が一緒に行われている巣脾を分離機に掛けて、採蜜後に戻すと、蜜不足や巣房の汚れなどが原因で逃去の恐れが大きくなります、そこでこれを防ぐ為に、一枚間隔で採蜜します!

また、この時期の蜂蜜は、糖度が低いことも多々あるので、糖度が78度を下回る場合は、秋採りの蜜と混ぜる方法、加熱して水分を飛ばす方法、水分を蒸発させる方法や、冷蔵保存の処置を必要とします!(普通は、ハチミツは常温で保存します)
糖度が低いと発酵するのでこれの防止処置です。

秋採り(自然巣状態で飼育している場合は、この時期に行う.・・初秋)
重箱式や丸太(箱)の巣箱飼育の採蜜に適している季節です、
秋の季節は蜂児が少ないが、蜜に対する執着心が強いので匂いに誘われて採蜜場所に蜂が集まりやすいです、この時期は、蜜の濃度も比較的濃いです、晩秋だと80度以上はあるでしょう!
また、採蜜しても逃去の心配が、一番少ない時期です、

自然巣からの蜜の採取は、ザルなどに入れて蜜を垂らしてとる方法と、搾り取る方法、湯煎する方法があります・・・詳しくは、後日の記事で掲載します!


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。