自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全く予期していない、この時期に西洋蜜蜂の分蜂が発生しました!
日本蜜蜂ならば、3月末の分蜂も見られるが・・・!


10年程飼育しているが、例年は4月末~5月頃でした、この時期の分蜂は、予防として王台が出来ていれば取り除き分蜂を予防しています、大流蜜期前に分蜂が発生すれば、採蜜量は大幅に少なくなります、・・王蜂の羽切は全群れ行っていないので、今年も何回かあるだろう?
左の写真:分蜂した元群です、(写真拡大できます)
右の写真:上空を群がって旋回しているミツバチです、

分蜂元巣箱 蜜蜂上空旋回

近くの蜜柑の木に群がりました!
分蜂群

今回は、巣箱を近づけて置けなかったので、袋に振落として収容しました、右の写真、蜂球下の白い物が袋です、(蜂群れは簡単に落ちます)
分蜂球 分蜂球


左:収容した後の蜂球です、これに女王蜂が残っていなければ、自然に分散して消えます・・・元巣に戻るのが多いでしょう!
蜂球残 収容巣箱

巣箱の準備が出来ていなかったので、輸送箱に収容しました、この巣箱では手狭になるので、・・・標準(10枚)巣箱を仕入れる必要が生じました!
巣箱の外にいる蜜蜂が、巣門から巣箱にゾロゾロ入っているので、巣箱の中に女王蜂を収容していると判断できます!
これで1群増えた結果になったが・・・反省…!

ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
蜜蜂の世界は、一つの群れの中は一匹の女王蜂・・・この鉄則があります!
例外は、蜂王の更新の場合と、新しい女王が生まれて分蜂するまでの一時期だけです

蜜蜂の世界では2匹以上の蜂王が居る場合は、必ず蜂王同士で争いが生じ、これに勝った蜂王が蜂王が、受け入れられるという厳しい鉄則があります、

生まれた蜂王は、ピーィピィ・・と叫び声を上げながら巣内を歩き回り王台(女王蜂が育っている巣房)を探し、見つけるとこれに攻撃を加えて殺します、・・・(これは生まれてくれば妹となる蜂王です)方法は王台の付け根をかみ破り、成蜂になっていれば刺し殺し、蛆や蛹の場合はそのままにして、働き蜂に殺させます、
王台から内部の蜂児を引きずり出し、付着している王乳(ローヤルゼリー)を吸います!
時には、王蜂の攻撃を待たずに働き蜂が王台を攻撃することもある!
この結果、【長女相続制】が原則となる訳です!


では,2王が平和に共存する場合は如何でしょう?

これは、蜂王が年老いてきた時、更新する為に生まれた処女王は、旧王に対して敵意を現しません、
処女王が交尾を終えて一人前の蜂王になっても、仲良く産卵します、
理由は、旧王はまもなく寿命が尽きて姿を消す運命なので、ライバルの蜂王とはならないので、せめてもの温情なのでしょう!

分蜂時の場合は・・・次の機会に記事にします、

ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
年度末の・・忙しさが継続中です、
記事の更新が、ままならない状態ですが、皆さんのランキング応援のおかげで、順位が回復しつつあります、ありがとう、


簡単な記事申し訳ないが・・・!
ほったらかし(自然栽培)で育てているムスカリーの花です、

ムスカリー

おまけ・もう一枚・・!
ムスカリー

まだ、仕事継続中だ~~~よ~~!

以下、季節の花300のページから転載です!写真も多い素晴らしいページです訪問をお勧めします!

百合(ゆり)科。
・学名 Muscari armeniacum
Muscari : ムスカリ属
armeniacum : 小アジアのアルメニアの
Muscari(ムスカリ)は、ギリシャ語の
「moschos ムスク(麝香:じゃこう)」から。
花の香りに由来。
・開花時期は、 3/10頃~ 4/ 末頃。
・地中海沿岸または南西アジア原産。
・ヒヤシンスに少し似ている。
・鮮やかな青紫色!
・別名 「グレープヒヤシンス」。
葡萄(ぶどう)に似ているところから。
・3月22日の誕生花
・花言葉は「寛大なる愛」


おかげでランキング,少しアップしましたが,もう少し,ポチッ☆ヽ(▽⌒)よろしく♪

こちらも,('-'*)ヨロシク♪ 【人気blogランキング】
蜜蜂が、花から集めてきた花蜜が行き成り蜂蜜になるのではありません、

花蜜が蜂蜜になるには二つの物理的変化が必要です、
その1:薄い花蜜の水分を蒸発させる物理的な変化の必要がある、
その2:花蜜の主成分の蔗糖が転化酵素によってブドウ糖と果糖という単糖類に転化する科学的な変化です、


科学的な変化は、花蜜を蜜嚢に吸い込んだ時点から始まり、内勤蜂によって転化が完成されます、
水分の蒸発は、口移しで外勤蜂から受け取った内勤蜂の口器操作及び巣房に貯蔵して水分を蒸発させます、
口器操作とは:花蜜を口器で薄い膜状に引き延ばして、巣箱内の高い温度に当てて水分を発散させること、10~20分間続ける、
この操作の間に多量の転化酵素が加えられ、ブドウ糖と果糖へ転化が促進されます、

そして、働き蜂達は、こうしてある程度濃度が高くなった不塾蜜を、小さな水滴状に分割したり、また、薄く膜状に引き伸ばして巣房に喰っつけ、空気と触れる面積を大きくし、水分の発散が促進しやすくしてから、さらに促進する為、羽で盛んに扇風を行います、
このように盛んに行われた翌朝は、巣門付近が水滴で濡れている時があります、
この作業で、一定の濃度に達したならば、再び集められて巣房に本格的に貯蔵します、

このようにして、蓄えられた蜜は、普通3日間で標準濃度(80%程度)になり、純粋の蜜蝋で蓋をします、・・・【完熟蜂蜜の出来上がり】

濃度の高い蜂蜜を採取するには、

1、大流蜜期でも3日以上は間隔を空けること、
2、採蜜は、その日の花蜜が運び込まれる前,即ち早朝に行う
3、蜂群は強勢に保つこと、
この3点が最低の条件です、(蜂の飼育の基本は、強群で管理です)

難しい内容ですが、少しは蜂蜜を作る大変さが解って頂けたでしょうか? 
ハチミツは価格が少し高くてもそれだけの価値があります!


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしく♪おかげさまで下降していた順位が回復してきだしました、ありがとう!

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
四万十川の川岸・・・のサイクリングロードです、
また、菜の花の写真だよ、
この地域は、人工的に種を蒔き育てている場所です、

右に少し見えているのが、川の流れです!少し方向を変えて同じ場所から撮影です、写真は拡大するとより解りやすいです!
菜の花 菜の花


後、一週間・・・仕事が忙しいので記事の更新が満足に出来ません、
訪問してくれた方々申し訳ないです、今後もよろしく♪


ランキング下降傾向です,応援ポチッ☆ヽ(▽⌒)よろしく♪

こちらも,('-'*)ヨロシク♪ 【人気blogランキング】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。