自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマツツジ

↑・・ヤマツツジです、急斜面で厳しい環境の場所に、可憐に咲いていました、これも、山々のいたる所に自生しているツツジです、

今日は、気温が高く(20℃以上)天気も良いし、愛蜂達のご機嫌も良いようです、
巣箱を開けて、内検(蜜蜂巣の中状態を確認)します、
まれに、刺されることがあるけど、ご愛嬌・・、腫れないから大丈夫です、
スポンサーサイト
藤(九尺藤)

写真は、我が市の花・・藤(九尺藤)です、所々の山に自生しています
今回は、ハチミツの内容と成分です、
ハチミツは、蜜蜂が花から集めてきた薄い花蜜を、体内で加工して、巣房に自分達の食料として蓄えたものである、濃縮され蜜蓋されたハチミツは,長期間保存しても腐らない、・・・、これを人間が横取り・・?
でも、養蜂家は、花の無い季節には、砂糖を溶かして餌として与えて育てているから、互いに利益がある、

ブドウ糖と果糖に添加されているので、消化吸収が早く、砂糖のように肥満の心配は不要と言われています、
成分は、各種のビタミン、カリウム、マグネシュウム、カルシュウム、鉄などの、ミネラルも多く含んでいる、(アルカリ性)
花の種類により異なり、菜の花のように、ブドウ糖の多いものは、気温が低くなると、結晶(固まる)しやすい、結晶しても成分は変わらないので、60度以下の湯で間接的に暖めると溶けてきます、
(60度に達したら取り出して冷やす、ゆっくり冷やすと色が茶色くなる)

川登
写真は、雨上がりの四万十川の風景です、(中流域)
今年も、ゴールデンウイークが近づいて来たが、川沿いの国道441号線は、まだ未改良区間が多く、カーブが多い田舎の狭い酷道では、県外ドライバーが、困惑している場面が見られます、車のすれ違いが出来ない道なので・・、バックしたり大変だ、地元の人々は、遠くのカーブを通行している車を確認して、待避所で待機して、問題ないのにな~!
道路管理者は、・・如何してる・・・、て、叫びたくなるよ、
新緑の山々の隙間を蛇行して、流れている風景は、自然の中に溶け込むようです、
所々に有る、沈下橋は休憩場所として、お薦めです、また、少しのお宝を弾めば、屋形船で川面を~~のんびりと・・・、これも良いでしょう、
四万十川の詳細は→リンクしている、ホームページで見れます。
蜜蜂は、女王蜂を頂点として、群を作って生活をしている、自然状態巣は、両面に正六角形の巣房が幾何学的に整然と並んだ、板状の巣が数枚垂れ下がっています、
養蜂の場合は、木製の巣箱の中に数枚の巣脾枠(巣礎に巣を作らしたもの)で、生活をしている、
巣房は、小さい形は働き蜂用、大きいのが雄蜂・垂れ下がったように特殊なものが、女王蜂が育つ場所、
巣枠は、中心部が産卵育児圏(温度が30℃以上必要)、その外側が、餌となる花粉、さらに外側に、蜂蜜を貯めている、
尚、このページのリンクから、趣味の養蜂の詳しいページが、そちらを参考にしてください、
 
花(夏椿)とハナムグリ(コガネムシ科)

夏椿と日本蜜蜂

↑上の写真(拡大して見てね)は、夏椿とハナムグリ(コガネムシ科)珍しく3匹重なっていたので、・・、名前のとおり花に潜りこんで密を舐めている、

そう、花には色々な昆虫が訪花します、植物はそれで交配され、実をつけ・・子孫残す、自然は無駄が無い素晴らしい世界ですね、 

下は、日本蜜蜂です、日本蜜蜂、この時期は黒ずんだ色をしていますが、茶色に近い色の時も有ります・・・・,

これからは、昆虫の活動期、それぞれの世界があって、観察すれば面白いよ、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。