蜂刺され予防、刺された時の手当て処置 | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
★~見学・エリア♪~☆↓・日記,記事は広告の直ぐ下です↓★
←こちらも,ポチッ(。・_・。)ノよろしく,こちらも⇒【人気blogランキング】 ↑・・・↑・・】ブログランキングに参加中、愛が、無くても~1~クリック協力願います、お互い幸せが訪れるでしょう・・・!♪      (卸会員になって商品を売ろう)・・↓・・ここで資料を受取り開始出来ます・・♪ 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 数あるサイトの中から、このページ訪問感謝です。
養蜂(蜜蜂飼育)の方法等が、このブログの記事をを見れば充分に理解出来るように努力中です。 また、時々息抜き記事(地域情報等)も掲載しています!・・・慌てずに見て・・ネ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミツバチの飼育していない、人が刺されるのは、稀でしょう、
しかし飼育している人は、丁寧に扱っていても、油断して刺されることはあります


西洋蜜蜂に比べ、日本蜜蜂の毒は弱いですが、刺されれば腫れる!
吾輩などは、慣れにより蜜蜂を手荒く扱うことがあるので、怒らして刺されることは、年数十回・・・!

西洋蜜蜂は、燻煙で蜂をおとなしくして取り扱います、気温の低い時期や、天気の悪い時、花蜜が不足している時は、機嫌が悪い場合が多いので、注意します!

万一、蜜蜂に刺された時は、必ずその箇所に針が残っているので、直ぐこれを抜くように・・(服(布)や手で擦れば、簡単に抜けます)
蜜蜂に慣れない人が刺されれると、最初はかなりひどく腫れることが多いようですが、回数を重ねると免疫になって、刺されても腫れなくなります!

蜜蜂の針の痛みは、刺された時、30秒から1分程はすごく痛いが、痛みは直ぐ治まります。
アシナガバチやスズメバチの針に比べれば、それほど不愉快な痛さではありません、・・(蜜蜂に刺させて行う針治療という療法もあります!)

刺されたからといって、それほど気にする必要はありません。
但し、稀に蜂毒に対して異常に敏感な体質の人が居ます・・、注意!
この種の人は、養蜂はしないほうが賢明かも知れませんが、予め坑ヒスタミン剤飲んでおくほうが良いでしょう!

また、いったん刺されれると、その箇所に、蜜蜂を怒らせる臭いが残るため、何回も攻撃を加えられる恐れがあるので、そこに蜂蜜を塗って匂いを消す方法もあります!
巣箱(蜜蜂)を内検中や採蜜時に、刺された時は、蜜蜂の群れに攻撃態勢が伝染するので・・要注意です!


花等に,訪れている蜜蜂は、傍に寄っても刺すことはまずないので、安心して、観察してみましょう!


ランキング参加中!もっと頑張れ・・と、励ましのクリック☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】

蜜蜂飼育の詳しいことは・・これで・・↓

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物
角田 公次 (1997/03)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
藤原 誠太、村上 正 他 (2000/04)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
蜂に刺されやすい時期

アシナガバチ7月~8月(巣が最も大きくなる)
スズメバチ :8月末~10月(巣が大きくなって蜂の数が多い)
蜜  蜂:活動時期(2月~12月だが、巣を痛めつけない限り、ほとんど問題ない)


刺された時の特徴と症状

アシナガバチ:強い痛みを感じ、大きく赤く腫れる、重症の場合は、は発熱、嘔吐、蕁麻疹などが生じることもある)
スズメバチ:激痛があり、大きく赤く腫れる、重症の場合、呼吸困難、発熱、嘔吐、下痢,全身浮膿、肝臓障害が起こることがある、まれにショック症状で死亡する場合がある
ミツバチ:刺されると強い痛みがあるが、直ぐに痛みは無くなる、刺された場所は赤く腫れる、針が刺された部分に残っているので、速やかに手又は布等でこすると、簡単に抜けます、尚、蜂治療として、刺させて患部を治療する方法もあるが、蜂に弱い人は注意!

刺された時の応急処置(手当て)

1、突然、襲われた時は、近くに巣があることもあるので、出来るだけその場所を離れましょう。

2、直ぐに、刺された箇所の周囲を強くつまみ、毒を搾り出すか、吸い出す(毒を吸い出す器具が輸入販売されています・・注射器を大きくしたような構造)

3、流水等で水洗いして、タオル等で冷やす(水道の蛇口の水で流すと良い、蜂毒は(タンパク質出来ている)水に溶けるので、薄める効果と冷やす効果がある)

4、患部に虫刺されの薬(抗ヒスタミン軟膏・副腎皮質ホルモン軟膏等)を塗る、昔、一般に良いといわれていたアンモニアは、全く効果なしです、また、民間療法として、柿渋、アロエの汁、タマネギの汁、ヘクソカズラの汁を塗るとか聞いたことあるけど、効果は定かではないでしょう!

5、発疹、嘔吐、胸が苦しくなる、頭痛、腹痛、寒気、全身のしびれだるさ、息苦しさ、意識障害、呼吸困難等の症状が現れる時は、アナフィラキシーショック(急激なアレルギー反応)の可能性が大きいので、一刻を争って救急病院へ搬送が必要です、更に症状が進めば、めまい、むくみ、息苦しさ、意識が薄れる、失禁、血圧の低下等が起こります、
こうなれば、緊急事態ですよ、

6、手足を刺されて、病院まで時間が掛かる場合は、刺された箇所より心臓側を、布等で縛る方法も毒が全身に廻らないようにする効果あるが.血流を止める処置なので(縛った時間を記入)、時々緩めるとか注意すべき事項があるので留意を必要とする、

7、以前刺されたことがあり、2度目が危ないとよく言われるのは、抗体が強くなって、反応が過敏になるようです、

刺されないことが、一番の処置です、・・この記事を参考に.することが無いように.注意しましょう・・・♪

ランキング、参加中・・、クリックでお互い幸せになるでしょう!('-'*)ヨロシク♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく 【人気blogランキング】
これからの季節、スズメバチ等は攻撃性が強くなるので、注意しましょう、特に9月に被害が多くあります、毎年、命を落とす人が生じています、

何故、蜂は人に攻撃するのでしょう?
これを、知っているだけでも、被害を少なく出来ます、
一番、簡単なことは、彼女達(雄は刺さない)が怒ることです、集団生活しているので、一族(群)を守り、また自身を守る為に、防衛しているだけです、


一言でいえば、刺激を与えて怒らせない・・・(これで大丈夫)
ん・・?当たり前で、参考にならない・・と、いう人が居そうだから補足しましょう、一匹に刺されたら、攻撃フェロモンを発生して他の蜂に伝染して,一斉に攻撃してくるので・・、怖いよう~~~!
我輩は、過去、オオスズメバチに2回、アシナガバチに1回、そして蜜蜂は、う~ん?数え切れない20~30回/年・・・だから150回以上刺されたことになるな~!

蜂に刺されない為に、

巣に近づかない、これが一番だが、・・巣が有るのを知らずに近づくこともあるね、また巣は無いのに蜂が飛んでいる場合等・・・対応の仕方がそれぞれ違います、

1)巣の場所が分かっている場合

1、巣に近づかないことです、巣との間隔を充分に取れば安心です(オオスズメバチでは、3~10m以内に近づくと、見張り役の蜂が、カチカチと音を立て、警戒飛行します)

2、巣に直接触れたり、振動を与えたり刺激を与えないこと、巣に刺激を与えると、一斉に攻撃してきます、

3、巣を見つけたら、早め(巣が小さいうちに)取り除けば、危険は少ない、(殺虫剤で簡単に死ぬ)

2)巣が有るのを知らずに近づく(これが一番怖い)

1、化粧、香水、汗の匂い等にも、蜂が興奮するので注意しましょう、
また、缶ジュース等にも寄って来るので、溢して着衣に付けたりしないで下さい、物音より振動に敏感に反応するので、これも用心しましょう

2、スズメバチは、黒色に対して激しく攻撃性があります、また、ひらひら動く物等にもあるよ、万一攻撃された時は、手で追い払おうとすれば余計に、蜂を興奮させるので、しないほうが良いです、慌てずに静かに立ち去るのが最適な方法です、走って逃げると追いかけて来ます、
顔に攻撃してくるのは、瞳が黒いのでこれを目掛けて来るので、注意しましょう、また、スズメバチは、蜜蜂と違い何回でも刺すことが出来る、針が抜け落ちないので毒がある限り・・・・!

3、野外で作業する場合は、肌を露出する場所を無くして、白ぽい服装で
帽子をかぶって行いましょう、
オオスズメバチの巣は、地中か地面近くの木の洞等に巣があるので見つけ辛い、キイロスズメバチは軒下や天井裏、コガタスズメバチは樹木等に巣を造ります、

3)巣が近くに無い場合

1、スズメバチは、樹液も集めています、他の蜂が花蜜等を集めに来ている時は、直接いたずらしない限り危険はないが、オオスズメバチは縄張り意識が強い為、攻撃してくる場合いがあります・・・注意

2、室内や車内に侵入してきた場合は、静かに見守っている限り刺しません、ゆえに、追い掛け回して追い出そうとした場合は危険です、明るい方へ向かう習性があるので自然に出て行きます、
また、殺虫剤で簡単に駆除することも可能です。

さて、結論としては、

ハイキング等に行く場合は、厚化粧をして,香水付け,黒ぽい服装で、ひらひらと動く黒色の物を持っている人を、必ず連れて行き、先頭で誘導してもらいましょう、・・・、この人に犠牲になってもらって我が身が守れる?・・これで大丈夫・???
ん~~ん??何かへ(@'ω'@)ん?だ?
そうです、・・.これと逆事をしていけば少しは危険が回避出来るでしょう!


次回は、刺された時の処置を記事に・・・!

ランキング、参加中・・、クリックでお互い幸せに成りましょう!('-'*)ヨロシク♪

こちらも、お願いします,(。・_・。)ノよろしく
【人気blogランキング】
暖かい気候になってきたので、蜂の活動が活発になって来ました、
スズメバチは今の季節、巣も小さくて数も少ないので危険は少ないが、夏の後半から秋に攻撃的になるので要注意です、
蜂は、そんなに人を刺す昆虫ではありませんよ、彼らも我が身を守る為の防御だから、怒らせないことが大事です今回は、簡単な蜂に刺されない方法、(当たり前の事ばかりだけど!)


1、蜂の巣に近づかない、攻撃して壊さない、

2、香水、香りの有る化粧品等にも敏感だから要注意、

3、白い服より、黒系統の色に攻撃する習性がある、 
 ・集団で移動する場合は、黒い服を着た人を連れて行き、餌食になってもらって・・、我が身を守りましょう(冗談だよ)
4、騒音、話し声、物音、振動にも敏感に反応する、

5、針が刺さるような、肌に密着した服装時には注意、

6、蜂は、刺した時に仲間に敵であることを知らせる為、攻撃フェロモン
  を放つので,連続で襲ってくる可能性があるので要注意、

7、室内や,車内へ蜂が入ってきた場合は、手で持たない限り攻撃してき ません,窓を明けて静かに逃がしましょう
      (蜂は、巣を守る為に、人を攻撃する)
8、見張りの蜂を見かけた時は、巣が近いので用心すること、
  縄張り内に立ち入った場合は、一斉に攻撃・・・・・、となる場合が
  あるので,・・・・・!特に注意、

9、食べ物の匂いも蜂を呼ぶので、残り物はしっかり封をする

蜂は、特別怖い昆虫ではないので、苛めないように・・!
でも、オオスズメバチ等では、毎年、刺されて死者が出ているので
怖~いよ!
刺された時の、手当ては、次の機会に・・・!

 ↓ランキング・・、ポチッ・・おねがいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。