蜜蝋・プロポリス | 自然の恵(趣味の養蜂)蜜蜂飼育、花、不思議謎?地域情報
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自然の恵(趣味の蜜蜂飼育、ハチミツ・流木、昆虫等)花(ガーデニング)自然・環境・地域情報謎? 不思議な現象出来事等、自然体で幅広く記録♪疑問?質問等があれば自由に掲示板に書いてネ!
★~見学・エリア♪~☆↓・日記,記事は広告の直ぐ下です↓★
←こちらも,ポチッ(。・_・。)ノよろしく,こちらも⇒【人気blogランキング】 ↑・・・↑・・】ブログランキングに参加中、愛が、無くても~1~クリック協力願います、お互い幸せが訪れるでしょう・・・!♪      (卸会員になって商品を売ろう)・・↓・・ここで資料を受取り開始出来ます・・♪ 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 数あるサイトの中から、このページ訪問感謝です。
養蜂(蜜蜂飼育)の方法等が、このブログの記事をを見れば充分に理解出来るように努力中です。 また、時々息抜き記事(地域情報等)も掲載しています!・・・慌てずに見て・・ネ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前から集めていた蜜蝋の成型です。
西洋蜜蜂と日本蜜蜂の蜜蝋(不十分な精製品だけど・・・)
蜜蝋の塊を鍋に入れて熱します。
 煮沸

ドロドロに溶けてから容器に移し替える。(容器の内側に石鹸等を塗って於けば取出しが簡単です)冷めてから取り出します。尚、解けた状態の時、細い網目等で不純物をすくい取って除去するのが望ましいが、今回は省略しました。
 成型

冷めれば、蜜蝋の色に変化します。大きい容器が西洋蜜蜂、小さい容器は日本蜜蜂の蜜蝋です。
 冷却後

これが、取り出した状態です、美味そうなカステラの出来上がり・・・?アレ~?違った蜜蝋です。上部の黒い物は不純物です(本来はこれは除去すべきです)
丸い形の蜜蝋は、鍋で溶かした物です。
 蜜蝋成型



[蜜蝋成型]の続きを読む
スポンサーサイト
集めていた巣屑等から、蜜蝋を採取しました。

その前に、蜜蝋の用途…何度か過去記事に書いているが改めて・・・・・!
蜜蜂達が蜂蜜(元は花蜜等)を原料として蜜蜂の腹にある蝋線から分泌して作る巣の一部です。
用途として
ローソク・石鹸・ワックス・化粧品・・等々の材料として利用出来ます。
尚、食べても害にはならない。

今回の採取方法

1、鍋に水を入れコンロで熱します、これに巣等を入れて溶けるまでかき混ぜる。
 この時、不純物を目の細い網ですくって取り除く場合もあります。

2、溶けてきたならば、網などで濾して(不純物の除去)水をいれた容器に移す。
 網袋に入れて(巣屑)を搾って行う方法もあります。この場合水を入れた容器に落とせば
 直ぐに固まるのが蜜蝋です。

3、濾して入れた容器の上に浮いてくるのが蜜蝋です。(冷えると固まる)
 (この作業を繰り返せば、不純物の少ない純粋な蜜蝋が出来ます)


 蜜蝋採取

蜜蝋を容器から取り出せば、この様になる。
綺麗な色でしょう、材料となる巣で色が違ってきます。この黄色は蜜蓋(採蜜時に切り落とす)が混在しているのでこの様な色になりました。

蜜蝋取出

もう一方の茶色ぎみの蜜蝋は、日本蜜蜂の巣から採取したものです。
蜜蝋

この後、再度溶かして希望の容器(形作り)に流し込めば・・・蜜蝋の完成です。
余った巣を集めていたので、先日蜜蝋を採取しました。
蜜蝋(ビーズワックス)は、解り易く言うと蜜蜂の巣の材料です、この為、蜜蜂が巣作りする季節により色が変わります。
採取してくる花蜜や花粉が違うことが影響しています。

夏の気温が高い時期ならば、太陽熱を利用して手軽に採れるのですが、晩秋のこの時期は気温があまり高くないので困難です。

容器に水をいれこの中に巣屑を、次々と入れます。勿論ガスで加熱しながら行います。
巣は形が崩れて蜜蝋が出てきます。
これを網(袋)に入れて圧を加えて搾ります。(蜜蝋が湯に溶けた状態)
これを冷ませば、下に水うえに蜜蝋の層が分離して固まる。祖蜜蝋の出来上がり・・・!
尚、かき混ぜなが冷やすと。空気を含んで若干柔らかい仕上がりになります。
(祖蜜蝋の作成時には、この作業は省略)
1回の工程では、小さなゴミなどが混ざっているので、数回繰り返して不純物を除去します。

巣屑を入れている状態。
 蜜蝋採取

右の黄色く見える物が、冷えて固まった蜜蝋です。
 蜜蝋

蜜蝋の保存、
時間的経過で、色が変わることはあるが、基本的に品質が劣化することはありませんが、密閉した容器で保管しておかないと、スムシの食害を受けます。
長期間保存の場合いは、冷蔵保存か密閉容器で保存することが大切です!

蜜蜂産物の一つに蜜蝋があります。
今回は、これを採取しました。蜜蝋の製蝋方法は、陽熱製蝋法(太陽熱を利用)と圧搾製蝋法(蒸気法含)があります。


私が使用しているのは、小さな手製の陽熱製蝋器です。
この中に巣クズを入れて、直射日光に当てれば、蝋が溶けて簡単に取れます。しかし自然相手なので、暑い季節しか行う事が出来ないの難点です!

今回は蜜蓋(採蜜時に切取った物)が多いので、溶けやすい!
 巣クズ
 これに、ガラスで出来た蓋をします。網の上に巣クズを乗せているので不純物の多くは、これに留まって、蜜蝋だけが流れ出します!
 蜜蝋採取DSC_0019

不純物が残っているのが、よく解るでしょう
 蜜蝋採取

溶け出た、蜜蝋です。
箱の外は、温度が低いので、このように固まってしまいます。(箱の中に溜まる構造が良いかもしれませんが、当初、私はこの蜜蝋器全体を覆う箱を考えていたのでこの構造にしています。
(ビニール袋で覆えば、出てくる蜜蝋も柔らかいままなので、詰まることもなくなります)
 蜜蝋

これで採った蜜蝋は祖製蝋だが、今回は不純物の混じっていない精製蜜蝋と呼べる綺麗な蝋ガ出来ました!(再度溶かし、容器に入れて整形する予定です)
普通は、祖製蝋をもう一度溶解して、不純物を除去します。
こように、蜜蝋を簡単に作れる陽熱製蝋器は、燃料も必要としないので、便利な道具です!

★、蜜蜂飼育の知識は・・これで↓
庭で飼うはじめてのみつばち―ホビー養蜂入門
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
蜜蝋の元となる、日本蜜蜂の巣(採蜜した残り)を貰ってきました。
蜂蜜の夏採りと言われるこの季節です。

私は、蜂蜜濃度の増す秋に採る予定です。秋は、採蜜後の逃去恐れも少なくなるので適した時期です!

これが、採蜜した後の日本蜜蜂の巣です。
蜜が少し残っているます、屋外に干した直後から、日本蜜蜂が群がりました。
近くには、西洋蜜蜂の巣箱が有るのだが、不思議に寄り付きません、匂いが同類の日本蜜蜂が来るのは納得できます。
2種類の蜜蜂が、来れば喧嘩が始まり死骸が散乱状態となるので、日本蜜蜂だけ群がる状態が幸いでした。
   巣屑


拡大すると・・・(日本蜜蜂の姿)
   日本蜜蜂



庭で飼うはじめてのみつばち―ホビー養蜂入門庭で飼うはじめてのみつばち―ホビー養蜂入門
(2008/07)
和田 依子

商品詳細を見る
趣味の養蜂を始めるに、最適書です!

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。